このサイトはファスティング(断食)や少食を生活習慣に取り入れて

  • ダイエットをしてスリムで、健康的な体を目指す
  • 病気を予防して、元気な身体を維持する
  • 若々しく健康的な容姿を維持する
  • 健康寿命を延ばして、楽しい人生を生きる

こんな願望を実現するための情報を提供してきます。

 

上記、4項目の願望を叶えるためには以下の6つを生活習慣に取り入れれば可能です。

  1. 定期的にファステイング(断食)を実践する
  2. 「1日2食以下」、腹7分の食事をする
  3. 「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」中心の食生活をする
  4. 週2、3回のランニング、ウォーキング、筋トレなどの運動をする
  5. ヨガやストレッチなど柔軟体操をする
  6. ニュートラル(中立)な考え方を目指す

 

このサイトでは1~3の情報を中心に、具体的に解説していきます。

 

ファスティング(断食)の5つのメリットとは?

短期間のダイエットで注目されているファスィング(断食)。

ファスィング(断食)はダイエット以外にもたくさんのメリットがあります。

 

ファスィングのメリットを大きく5つに分けて、以下にまとめてみます。

断食5つのメリット

  1. 短期間でダイエットができる
  2. 体内のデトックス(解毒・浄化)
  3. 内臓の休息
  4. 細胞の修復
  5. 免疫力の向上

 

▼ファスティング(断食)を詳しく知りたい方▼

 

メリット1.短期間でダイエットができる

ファスティング(断食)は固形物を食べないダイエット方法です。

なので短期間でダイエットができます。

 

結婚式やお子さんの入学式、卒業式などイベントごとに向いてるダイエット法でもあります。

 

また、ファスティングは普通のダイエットと違って、固形物を食べないので消化に使う膨大なエネルギーを以下の4つ

  • 体内のデトックス
  • 内臓の休息
  • 細胞の修復
  • 免疫力の向上

に有効活用されます。

 

ファスティング(断食)は3日間で平均2キロぐらい痩せることができます。

 

トシマサ
ちなみに私は3日間のファスティング(断食)で、マイナス1.4キロでした。

ファスティング中の味噌汁の飲みすぎや回復食の食べすぎが、マイナス2.0キロ減らなかった原因だと思います。

 

いきなり、3日間ファスティングは厳しいという方は、16時間断食から段階的に慣らしていくのがオススメです。

 

メリット2.体内のデトックス(解毒・浄化)

ファスティング(断食)をすると体内をデトックス(解毒・浄化)でます。

デトックスとは体に蓄積された毒素を大掃除するようなイメージです。

 

また、洋服が汚れたり汗で臭ったりしたら洗濯しますよね。

それと同じように体内も洗濯する必要があるわけです。

体臭がキツくなるのも細胞に溜まった有害物質が原因です。

 

ファスティング(断食)のデトックス効果は科学的にも証明されています。

 

2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典教授の「オートファジーの仕組み」の解明です。

オートファジーとはギリシャ語で、日本語に訳すと「自らを食べる」という意味です。

 

ファスティング(断食)をすると有害な細胞や老化した細胞を取り除き、再利用する仕組みを「オートファジー」と言います。

 

つまり、人体の細胞が備えている浄化機能、デトックス(解毒・浄化)のことです。

 

▼オートファジーの仕組みを詳しく知りたい方▼

 

現代の環境は、有害物質を体内に取り込みやすい生活環境にあります。

  • お菓子や加工食品に含まれる食品添加物
  • マーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸
  • 食肉に使われる成長ホルモン剤や抗生物質
  • 水質汚染が原因の大魚に含まれる水銀
  • 野菜や果物、米や小麦などに含まれる農薬
  • 工場や車が原因の大気汚染
  • シャンプーやデオドラント制汗剤などが原因の経皮毒

このように私たちの生活環境では、有害物質を避けるのが非常に難しい状況にあります。

 

体内に毒素が蓄積されると免疫力が低下して、病原菌に感染しやすい体質なります。

 

また、長期的には活性酸素による細胞の酸化・炎症を引き起こし老化の促進や大病の原因になってしまいます

 

定期的なファスティング(断食)でデトックス(解毒・浄化)すれば、有害物質の蓄積を避けることができます。

その結果、元気で健康的な体を手に入れることができるのです。

 

メリット3.内臓の休息

ファスティング(断食)を実践すると、内臓を休息させるメリットもあります。

現代の日本は美味しい食べ物に溢れていて、食べ物に困ることがありません。

一方で、消化の悪い食品の暴飲暴食などで、私たちの内臓は疲弊して酷使されています。

1日3食しっかり食べると、フルマラソンに匹敵するほどのエネルギーを、消化エネルギーに使うと言われています。

若い世代ならば内臓が元気なので問題ないかもしれません。

しかし、年を重ねるとともに胃、腸、肝臓、腎臓、膵臓の内臓機能が衰えていきます。

それにもかかわらず、若い頃と同じように食事をしていると、キャパオーバーになり処理不能になってしまうのです。

その結果、体内で食べ物が腐敗し、老化を促進させ万病の引き金を引いてしまいます。

ですから、定期的にファステイング(断食)をして内臓を休息させることを内臓機能を回復させるメリットがあるのです。

 

メリット4.細胞の修復

ファスティング(断食)をすると炎症した細胞を修復してくれるメリットもあります。

以下のような食品を中心に食べていると

  • 精製された白米、パン、うどん、パスタなどの糖質
  • 肉、魚、卵、牛乳・チーズなどの動物性タンパク質や乳製品
  • ポテチ、チョコ、アメ、ガム、アイス、ジュースなどのお菓子類
  • カップラーメン、ファストフード、コンビニ弁当などのジャンクフード

腸内環境が悪くなる上に血液が酸性に傾きます。

血液が酸性に傾くと血流がドロドロになり活性酸素が発生します。

活性酸素は細胞を酸化させ炎症を起こし、破壊してきます。

その結果、老化の促進や生活習慣を引き起こします。

ファスティング(断食)をすると、長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)が活性化します。

この長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)が、60兆個ある体の細胞を活性酸素から守ってくれます。

その結果、人間に備わっている自然治癒力が高まるのです。

この長寿遺伝子(サーチュイン)遺伝子は1999年に、マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ教授が発見しました。

 

このようにファスティング(断食)をすると、ダイエットができるのと同時に、自然治癒力を活性化できるのです。

 

初心者のためのファスティング(断食)の正しいやり方とは?

ファスティング(断食)は何も食べなければいいとう訳ではありません。

ファスティングには正しいやり方の手順があります。

正しいやり方の手順に従わないと危険が伴います。

では、初心者のためのファスティング(断食)の正しいやり方の手順を解説します。

ファスティング(断食)前の準備食とは?

ファスティング(断食)前には準備期を設けます。

ファスティング前に、なぜ準備期を設けるのか?

それはファスティング中の空腹感や好転反応を和らげるためです。

いわば、スポーツをする前にケガをしないための準備運動のようなもです。

準備期には準備食を食べます。

準備食には「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」を中心に食べます。

 

▼準備食について詳しく知りたい方▼

 

ファスィング(断食)後の回復食とは?

ファスィング(断食)後には復食期を設けて回復食を食べます。

復食期を設ける理由は、ファスィングで消化器官の活動が休息中で、胃腸が縮まっているからです。

例えば朝、目覚めたばかりで、いきなり激しい運動をするのは危険ですよね。

それと同様にファスティング後に普通に食事を食べると、縮んでる内臓に負担がかかり危険です。

ファスィングの期間が長ければ長いほど回復食は慎重に食べる必要があります。

回復食には準備食と同様に「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」を食材を中心にします。

回復食を食べるときは、一口30回以上よく噛んでゆっくり食べましょう。

 

▼回復食について詳しく知りたい方▼

 

3日間ファスティング(断食)の流れ

3日間のファスティング(断食)を例にして一連の流れが以下になります。

  • 準備期:3日間以上、準備食を食べる
  • 断食期:ファスティングの3日間は酵素ドリンクと水で過ごす
  • 復食期:3日間以上、回復食を食べる

 

3日間のファスティング(断食)では準備食、回復食ともに3日間以上を設けます。

繰り返しになりますが、ファスティング中の空腹感や好転反応を最小限に抑えるために準備食を食べます。

また、休息していた胃腸に負担をかけないために回復食を食べます。

3日間の流れを説明しましたが、オススメのファスティングの期間は5日間です。

5日間ファスティングのオススメの理由は以下になります。

  • 短期間でダイエットができる
  • 胃腸が縮まり、少食になる
  • 疲弊した内臓に十分な休息を与えれる
  • 脂肪が燃焼すしケトン体が増える
  • 体内の毒素の排出(デトックス)が促進する
  • 細胞の炎症を修復する

このように5日間ファスティングはあなたの健康や美容にメリットがあるからです。

 

しかし、いきなりはハードルが高いと思うので16時間断食から段階的に期間を延ばしていくのがオススメです。

 

期間別のファスティングの正しいやり方と効果については以下の記事をご覧ください。

 

ファスティング(断食)中に酵素ドリンクを飲む7つのメリット

酵素ドリンクとは安全にファスティング(断食)行うなめの栄養ドリンクです。

ファスティング中に酵素ドリンクを飲むメリットは以下になります。

酵素ドリンクを飲む7つのメリット

  1. 低カロリーでビタミン、ミネラル、アミノ酸など必要な栄養素が摂れる
  2. 酵素ドリンクで摂取したビタミンやミネラルが補酵素の役割を果たす
  3. 空腹感や好転反応の症状を和らげる
  4. 発酵・熟成で低分子化しているので、内臓に負担がかからない
  5. 酵素ドリンクに含まれている酵母菌が腸内で善玉菌になる
  6. 酵素ドリンクは作るのが簡単なので、すぐに飲める
  7. 自宅で一人で安全にファスティングができる

このように酵素ドリンクを飲むことで、新陳代謝を上げながら辛い感覚を抑えて安全にファスティングを行えます。

一方で酵素ドリンクを使わない水だけのファスィング(断食)は以下のようデメリットがあります。

  • 必要な栄養素が摂取できないので危険が伴う
  • 急激な解毒作用で体内が酸性に傾き体調不良になるリスクがある
  • 空腹感に耐え続けなければならない
  • 専門家に見てもらう必要があり自宅で一人ではおすすめできない

 

酵素ドリンクについて詳しく知りたい方は以下をご覧ください。▼

 

ファスティング(断食)におすすめの酵素ドリンクとは?

酵素ドリンクはネット上で通販を中心に販売されています。

ところが、添加物が含まれている酵素ドリンクまがいの商品が、高額で売られているのが実態です。

添加物が含まれている酵素ドリンクはファスティングには不適切です。

なぜなら、食品添加物などの化学物質は内臓に負担がかかるからです。

そこで本物の酵素ドリンクの選び方を解説します。

 

本物の酵素ドリンクの選び方 4つのポイント

本物の酵素ドリンクを見極めるには4つのポイントがあります。

見極める4つのポイントは以下になります。

選び方4つのポイント

  1. 完全無添加であるか
  2. 発酵・熟成されているか
  3. 100%原液であるか
  4. ○○エキスの表示ないか

上記、4つの条件が満たされていれば、本物の酵素ドリンクであること間違いなしです。

1つめのポイントが完全無添加であることです。

完全無添加の酵素ドリンクは食材のみが記載されています。

しかし、添加物入りの酵素ドリンクには以下の添加物が含まれています。

  • ぶどう糖果糖液糖
  • 甘味料(スクラロース、アセスルファムK、ステビア)
  • 保存料(安息香酸Na)
  • カラメル色素
  • 増粘剤
  • 酸化防止剤

原材料の記載欄にこのような成分が記載されていたら、避けてください。

 

2つめのポイントは酵素ドリンクが発酵・熟成されて作られているのか。

本物の酵素ドリンクは発酵・熟成して作られています。

酵素ドリンクに含まれる発酵菌が健康や美容を促進してくれます。

販売ページに発酵・熟成の記載がある酵素ドリンクを選びましょう。

 

3つめと4つめのポイントは、関連性があるのでまとめて解説します。

3つめのポイントは原液100%であるか。

本物の酵素ドリンクはぶどう糖果糖液糖や甘味料などで味付けをしていません。

また、4つめのポイントとなる〇〇エキスなどで薄めることはありません。

ですから、販売ページや原材料をしっかりチェックしましょう。

これらの4つのポイントをチェックするれば、酵素ドリンクの選び方で、失敗することはないでしょう。

 

たった一つのおすすめ酵素ドリンクは優光泉(ゆうこうせん)酵素

ネット上では100種類近い、酵素ドリンクが販売されています。

その中でもおすすめの酵素ドリンクが優光泉(ゆうこうせん)酵素です。

 

優光泉酵素がおすすめな理由は以下になります。

優光泉がおすすめな理由

  • 販売会社が30年以上もの実績があり信頼できる
  • 原液100%で完全無添加
  • 発酵・熟成により善玉菌になる酵母菌が生きている
  • 口コミの評判がよく、累計150万本以上売れている
  • 量、値段ともに他社と比較してもお手頃
  • 定期購入の特典が充実
  • 返金保証がある

このように購入者の満足度を満たしてくれるのが優光泉酵素です。

 

トシマサ
私も優光泉酵素を3年弱、定期購入しています。

優光泉酵素でファスティングをしたことで、健康体を取り戻したので本当に感謝です。

3年前にファスティングを実践しないで、当時の食生活を続けているのを想像するとゾッとします。

 

一時ファスティングブームでだくさんの会社から酵素ドリンクが発売されました。

しかし、今では当時、発売していた多くの酵素ドリンクは販売停止になっています。

その中でも本物の酵素ドリンク優光泉酵素は今でも売上を伸ばしています。

 

優光泉の公式サイトはこちら

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素ついて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。▼

 

完全無添加の酵素ドリンクは他社の商品も販売停止にならずに売れ続けています。

 

他社の無添加酵素ドリンクが気になる方は以下に記事をご覧ください。▼