酵素ドリンクを使ったファスティング(断食)の正しいやり方/初心者も簡単に実践できる方法

 

酵素ドリンクを使ったファスティング(断食)のやり方 初心者におすすめ

ファスティング(断食)は短期間で体重を落とせるダイエット法。

それだけでなく、病気の予防や老化防止など、健康維持や美容などにもメリットがあります。

 

ですが、正しいやり方・方法を学ばないと、リバウンドしたり、お腹を壊したり、知識不足からの誤解だったりと、さまざまな問題で挫折してしまいます。

 

ですから、ファスティング(断食)に取り組むまえに正しいやり方の知識を学ぶ必要があります。

 

そこで今回の記事では

  • ファスティング(断食)でダイエットがしたい
  • 健康のためにファスティング(断食)に挑戦した
  • ファスティング(断食)の正しいやり方を知りたい

このような方のためにファスティング(断食)の正しいやり方を解説します。

 

今回の記事を読めば

  • ファスティング(断食)の正しいやり方が学べる
  • ファスティング(断食)中の辛い空腹感や好転反応が軽減できる
  • ファスティング後のリバウンドが予防できる

などの知識が身つくので、最後までお付き合いください。

酵素ドリンクを使ったファスティングの正しいやり方
酵素ドリンクを使ったファスティング(断食)の正しいやり方/初心者も簡単に実践できる方法

  ファスティング(断食)は短期間で体重を落とせるダイエット法。 それだけでなく、病気の予防や老化防止など、健康維持や美容などにもメリットがあります。   ですが、正しいやり方・方 ...

続きを見る

ファスティング(断食)の正しいやり方とは?

 

ファスティング(断食)の正しいやり方

 

ファスティング(断食)の正しいやり方を解説します。

ファスティングの正しいやり方は、ファスティング期間の前後に準備期間と復食期間を設ける必要があります。

また、ファスティング中に酵素ドリンクを飲むことで簡単にファスティングに取り組めます。

 

ファスティング(断食)をすると体内で何が起こるのか、基礎的な知識が知りたい方は以下の記事をご覧ください。

 

ファスティング(断食)前に食べる準備食(準備期)とは?

ファスティング(断食)前に食べる準備食はファスティングに向けて体を整える準備期間のことです。

 

スポーツに例えるなら、ケガをしないための準備運動のようなものです。

準備食を食べることで、ファスティング中の空腹感や好転反応の症状を和らげることができます。

 

準備食は「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」のヘルシーな食事を摂ります。

 

「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」とは具体的に以下のような食材を示しています。

  • ま:まめ・・・豆類:大豆、あずき、豆腐、枝豆
  • ご:ごま・・・種実類:ごま、アーモンド、ナッツ
  • わ:わかめ・・・海藻類:わかめ、昆布、海苔、めかぶ、もずく
  • や:やさい・・・野菜類:緑黄色野菜、淡色野菜、根菜
  • さ:さかな・・・魚介類:小魚(大型魚は除く)、青い魚、貝類
  • し:しいたけ・・・キノコ類:しいたけ、舞茸、えのき
  • い:いも・・・イモ類:じゃがいも、サツマイモ、里芋、かぼちゃ
  • こ:酵素・・・発酵食品:味噌、ぬか漬け、生野菜、果物

準備食(準備期間)はこのような食品を中心に食べます。

 

より準備食について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

ファスティング(断食)後に食べる回復食(復食期)とは?

ファスティング(断食)後の回復食を食べる期間のことを復食期と言います。

 

復食期間を設けて、回復食を食べる理由は以下の2つになります。

回復食の目的

  • リバウンドの防止
  • 休息していた内臓にショックを与えないため

ファスティング後は腸内がクリーンになり、体の吸収力がアップして栄養素を欲している状態になっています。

ですから、糖質、脂質、タンパク質などの高カロリーな食品を食べるとリバウンドの原因になります。

また、内臓に大きな負担を与えてしまいます。

なぜなら、ファスティング中は内臓が休息状態にあるからです。

そのため、ファスティング後にいきなり普通の食事をすると、内臓がビックリしてしまいます。

その結果、下痢や激しい腹痛を引き起こす危険性があります。

 

トシマサ
私もファスティング後の回復食にクッキーを1袋食べてしまったことがあります。

すると次の日、腸が千切れるのではと思うくらいの激しい腹痛に襲われました。

痛みで脂汗が止まらず半泣き状態です。

結局、トイレから出られず仕事に遅刻してしまったのです。

ですから、私のような苦しみを味わわないためにも、回復食(復食期間)には気をつけましょう。

 

そこで、回復食も準備食と同様に「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」の食材を中心に食べます。

消化に良い野菜や果物などの植物性食品、野菜スープ系、玄米粥(げんまいがゆ)などで胃腸に負担をかけないで、徐々に通常の食事に戻していきます。

このように回復食を設けることで、ファスティング後のリバウンドと内臓への負担を回避できます。

 

ファスティング後の回復食の詳しい情報を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

ファスティング(断食)中の過ごし方

ファスティング(断食)中は水と酵素ドリンクだけで過ごします。

 

なぜ、酵素ドリンクと水を飲むのか?

それは、水を1日に1.5リットルから2.0リットル飲むとデトックス、脂肪燃焼が促進されるからです。

また、ファスティング中に酵素ドリンクを飲むと以下の5つのメリットがあります。

酵素ドリンクを飲む5つのメリット

  • 低カロリーでビタミン、ミネラル、アミノ酸など必要な栄養素を摂取できる。
  • 腹持ちがいいのでふらつきの予防や空腹感を軽減できる。
  • 必要な栄養素が補給できるので、栄養失調にならない。
  • 水や炭酸水で割るだけで、すぐ作れるので手間がかからない。
  • ペットボトルや水筒に入れて持ち歩きができる。

酵素ドリンクを飲みながら、ファスティングをすることで空腹の辛さや栄養失調のリスクを回避できます。

したがって、ファスティングのハードルが下がり継続が簡単になります。

 

ファスティング中はに使う酵素ドリンクについて、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

 

それと、ファスティング中は以下の食べ物や飲み物は控えてください。

  • タバコ
  • 酒(アルコール類)
  • 砂糖やブドウ糖果糖液糖などが入ったジュース
  • 飴、ガム、飲むゼリー

このような食べ物や飲み物はファスティング(断食)のメリットを妨げてしまうので、控えるようにしましょう。

 

ファスティング中に飲んで良い物、いけない物について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

 

ファスティング(断食)中に現れる好転反応とは?

ファスティング(断食)中に好転反応という症状が現れます。

主な好転反応の症状は、頭痛、眠気、ダルさ、肌荒れ、吐き気などです。

 

なぜ、ファスティングをすると好転反応の症状がでるのでしょうか?

それは、ファスティングをすると体内のデットクス(解毒・浄化)が促進するからです。

 

体内に蓄積された老廃物や毒素が分解され、血液中に流れて毛穴や尿から排出されます。

その過程で好転反応の症状が現れます。

 

人によって好転反応の症状が重い人もいれば、症状が軽い人もいます。

好転反応の症状が重い人は食生活が乱れている傾向があります。

 

好転反応の症状を軽減するには、梅干しや天然塩をなめたり酵素ドリンクを多めに飲んだりすることです。

注意ポイント

とはいえ、好転反応の症状があまりにもひどい場合は、我慢せずにファスティングをただちに中止してください。

無理は良くありません。

 

ファスティング中の好転反応について詳しく知りたい方は下記の記事をごらんください。

 

ファスティング(断食)の期間別の効果とやり方

ファスティングの期間別の効果とやり方

ファステイング(断食)には、短期間から長期間までのやり方があります。

長期間のファスティングほど、健康や美容、ダイエットの効果を発揮します。

ファスティング(断食)の期間別の効果とやり方の手順を解説します。

ファスティングの期間は以下のような期間があります。

  • プチ断食(=16時間断食):超初級
  • ファスティング1日:初級・レベル1
  • ファスティング2日間:初級・レベル2
  • ファスティング3日間:中級・レベル3
  • ファスティング4日間:中級・レベル4
  • ファスティング5日間:上級・レベル5
  • ファスティング6日間:上級・レベル6
  • ファスティング7日間(1週間):超上級・レベル7

注意ポイント

酵素ドリンクを使ったファスティング(断食)は1日のトイレの回数が異常に増えます。

また、好転反応の症状が現れて体調不良になる可能性が高まります。

ですから、ファスティング未経験者の方は休日にファスティングに取り組むことを推奨します。

 

それでは各期間のファスティングの流れを紹介します。

 

プチ断食(16時間断食)の効果とやり方【超初級者向け】

プチ断食(16時間断食)は、置き換えダイエットとも呼ばれています。

 

ファスティング(断食)に慣れていない初心者の方はプチ断食(=16時間断食)から始めることをおススメします。

 

16時間断食でも運動と食事内容を「ま・ご・わ・や・さ・し・こ」にして、工夫すればダイエットは可能です。

 

プチ断食(=16時間断食)の効果は以下になります。

  • 内臓の休息
  • ダイエット効果
  • 少食効果
  • 活性酸素の抑制

週にプチ断食(16時間断食)をする回数を段階的に増やしていくのが、継続する秘訣です。

 

注意ポイント

16時間断食でダイエットするには、継続的に16時間断食、食事内容を「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」、腹八分、ウォーキングやジョキングをする必要があります。

ダイエットの一番の敵はお菓子、アイスなど砂糖、乳製品、油が混じった食べ物です。

これらの食品はカロリー表示以上に皮下脂肪を増幅させ痩せにくくなります。

16時間断食のスケジュール

朝6時:起床

お昼の12時まで、酵素ドリンクを飲んで過ごす。

昼12時 お昼ご飯を食べる(腹8分)

間食:お腹が空いたら、酵素ドリンクを飲む。

夜:19時 夜ごはんを食べる(腹8分)

夜20時以降は何も食べずお腹が空いたら酵素ドリンクを飲む

あくまでも一例ですので、上記を参考に自分なりの16時間断食のスケジュールを立てて見てください。

 

1日ファスティングの効果とやり方【初級者向け】

1日ファステイングはプチ断食で慣れてきたら挑戦してみてください。

 

ファスティング(断食)1日の効果

  • 内臓の休息
  • ダイエット効果
  • 少食効果
  • 活性酸素の抑制

 

ポイント

ファスティング1日の場合、間欠的ファスティング(断食)をすることで飛躍的なダイエット効果が期待できます。

間欠的ファスティングとは1日おきに、1日ファスティング(断食)をする方法です。

16時間断食と1日ファスティングを交互に実践するのもいいでしょう。

 

1日断食のスケジュール

準備期1日:準備食に「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」を腹八分食べる。

ファスティング期1日:酵素ドリンクと水を飲んで過ごす。好転反応がでたら梅干しや天然塩、味噌汁などを摂る。

復食期1日:回復食を食べる。内臓負担の軽減をために、果物や野菜、玄米粥など消化に良いものを食べる。

 

ファステイング(断食)3日間の効果とやり方【中級者向け】

ファステイング(断食)3日間は1日や2日間のファスティングが慣れていきたら実践してみてください。

 

ファスティング3日間の効果は以下になります。

  • 内臓の休息
  • ダイエット効果(脂肪燃焼)
  • 少食効果
  • 活性酸素の抑制
  • デトックス(解毒・浄化)
  • 免疫力の向上
  • 炎症した細胞の修復
  • ケトン体が増える

 

ファスティングをすると、体に蓄えられたエネルギー源のブドウ糖が、24時間~最長48時間で枯渇します。

その代わりのエネルギー源が脂肪を分解して作られるケトン体です。

 

ケトン体がブドウ糖より良質なエネルギー源であることがさまざまな研究で報告されています。

 

ケトン体について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

 

また、脂肪燃焼が始まるとデトックスが促進します。

なぜなら、体内に蓄積された有害物質や老廃物などの毒素は傾向にあるからです。

 

このように、ファスティング(断食)を3日間続けると脂肪燃焼が始まり、体内のデトックス(解毒・浄化)が始まったり、エネルギー源がケトン体に変換したりするのです。

 

3日間ファスティング(断食)のスケジュールは以下になります。

3日間断食のスケジュール

準備期:最低2日間~3日間の準備食

断食期:3日間のファスティング(断食)

復食期:最低2日間~3日間の回復食

3日間のファスティングでは最低2日間~3日間の準備食、回復食の期間を設けるようにしましょう。

 

準備食、回復食ともに「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」の食材を中心に食べます。

 

通常の食事はファスティング(断食)終了後、3日目から4日目にします。

リバウンドしないためにも、ドカ食いには気を付けましょう。

 

ファスティング(断食)5日間の効果とやり方【上級者向け】

 

ファスティング(断食)5日間の効果は以下になります。

  • 内臓の休息
  • ダイエット効果(脂肪燃焼)
  • 少食効果
  • 活性酸素の抑制
  • 体内のデトックス(解毒・浄化)
  • 免疫力の向上
  • 炎症した細胞の修復
  • ケトン体が最も増える
  • 脳波にリラックスを示すα波が増える
  • 快楽物質βエンドルフィンが分泌される

このようにいろいろな効果が現れる、5日間のファスティング(断食)が1番オススメの期間になります。

 

血液中のケトン体が最も増えるのがファスティング開始から4日から1週間と言われています。

 

ケトン体がエネルギー源に切り替わると脳波にα波が増え、快楽物質のβーエンドルフィンの分泌量が増加。

脳波のα波や快楽物質のβ‐エンドルフィンが増えると心が穏やかになり、リラックスした状態になります。

 

また、ケトン体は空腹感を抑える作用もあります。

ファスティング3日目~4日目あたりに空腹感が和らぐのはケトン体の作用が関係してます。

 

トシマサ
私も5日間のファスティングの経験がありますが、気持ちがスッキリして爽快な気分になりました。!

悪った体調も良くなり、ファステイングの自然治癒力を実感しています。

 

5日間ファスティング(断食)のスゲジュールは以下になります。

5日間断食のスケジュール

準備期:最低3日間~5日間の準備食を食べる

断食期:ファスティング5日間(酵素ドリンクと水で過ごす)

復食期:最低3日間~5日間の回復食を食べる

 

注意ポイント

ファスティング(断食)の期間が長くなるほど、回復食の量と質には気をつけましょう。

気をつけないと内臓に負担をかけて、腹痛を引き起こします。

 

5日間のファスティングは健康や美容、ダイエット目的の方には1番オススメの期間です。

とはいえ、いきなり5日間のファスティングはハードルが高いです。

ですから、段階的にファステイングの期間を延ばしていくことをオススメします。

 

ファスティング(断食)7日間の効果とやり方【超上級者向け】

 

ファスティング(断食)7日間の効果は以下になります。

  • 内臓の休息
  • 少食効果
  • ダイエット効果(脂肪燃焼)
  • 活性酸素の抑制
  • 体内のデトックス(解毒・浄化)
  • 免疫力の向上
  • 炎症した細胞の修復
  • ケトン体が最も増える
  • 脳波にリラックスを示すα波が増える
  • 快楽物質βエンドルフィンが分泌される

ファスティング5日間と効果は同様ですが、より効果は顕著になります。

 

断食7日間のスケジュール

準備期:最低3日間~最長7日間以上の準備食

断食期:ファスティング(断食)7日間(酵素ドリンクと水で過ごす)

復食期:最低3日間~最長7日間以上の回復食

ポイント

忙しい現代人は断食道場に行って、ファスティングをするのは、なかなか時間がとれないかと思います。

しかし、酵素ドリンクを使ったファスティングは必要な栄養素が簡単に補給でます。

ですから、専門家や指導者がいなくても自宅で一人で安全に取り組めるのです。

ファスティングは簡単な健康法、美容法、ダイエット法なので興味がある方は試してみてください。

 

ファスティング(断食)をやる上での5つの注意点

ファスティングをやる上での注意点

これから、ファスティング(断食)にチャレンジしたい方は以下の5つの注意点があります。

ファスティング5つの注意点

  • ファスティングを控えるべき人
  • ファスティング中の運動のやりすぎは厳禁!適度ならOK
  • ファスティング後、普段の食事内容。リバウンド防止のために。
  • 水でのファスティングはリスクが高い
  • 酵素ドリンク選び方に注意

このようにファスティング上での5つの注意点があります。

では、上記の項目を1つ1つ具体的に解説していきましょう。

 

1.ファスティング(断食)を控えるべき人

ファスティング(断食)は誰でもやっていいという訳ではありません。

年齢や健康状態によっては、控えるべき人がいます。

 

以下に当てはまる人はファスティング(断食)は控えてください。

  • 16歳未満の方(成長期の中学生や小学生)
  • 高齢者で基礎体力のない方
  • 妊娠中、授乳中の方
  • やせ型で低体重の方
  • 摂食障害があり、拒食症や過食症の方
  • 持病があり薬を服用している方

注意ポイント

上記に当てはまる方でどうしてもファスティングをやりたい方がいるのかと思います。

そんな方は理解のある医師や専門家にご相談してください。

 

2.ファスティング(断食)中の運動のやり過ぎは厳禁!適度ならOK

ファスティング(断食)中の運動のやり過ぎは厳禁です。

なぜなら、酵素ドリンクで栄養素を補給したとしても、摂取カロリーが低いからです。

 

もし、ファスティング中に運動をするなら適度な運動量にしましょう。

 

軽いランニングやウォーキングを合わせて行えば、脂肪燃焼やデトックスがより促進します。

また、ヨガやストレッチなどは、心身のリラックスと柔軟性が身につくので、ストレス解消やケガの予防につながります。

 

ポイント

酵素ドリンクをペットボトルに持ち歩きながら、ランニングやウォーキングするのもオススメです。

すぐ水分補給、栄養補給ができるので、安心して運動ができるからです。

体の安全のためにもファスティング中は適度な運動にとどめておきましょう。

注意ポイント

今まで運動をしてなかったのに、ファステイング中に急に運動をするのはやめましょう。

体ができていないのにファスティング中に運動を始めるのは危険です。

ランニングやウォーキングなどの運動は、常日頃から行い体作りをしておきましょう。

 

酵素ドリンクのペットボトルの持ち歩き方を詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

 

3.ファスティング後、普段の食生活/リバウンド防止のためにも

定期的にファステイング(断食)を実践しても、普段の食生活が乱れていては意味がありません。

 

健康の維持・増進や若々しさや美容を保つためには以下の生活習慣を取り入れる必要があります。

  • 【ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ】中心の食生活を送る
  • ゆっくり、よく噛んで食べる(脳の満腹中枢を刺激する)
  • 精製された白米、パン、パスタを控えめにする
  • 肉、魚、卵、牛乳や乳製品などの動物性食品を控えめにする
  • お菓子やインスタント食品、ジャンクフードを控えめにする
  • 1日2食、腹八分を心がける
  • 定期的なファスティング(断食)でデトックス(解毒・浄化)する
  • 週に2・3回の軽いランニングやウォーキング、ストレッチをする
  • 笑える動画などを見て良く笑う
  • 当たり前のことに感謝する(意識的に感謝する)

これらの項目を生活習慣に取り入れることで、活性酸素が増えるのを抑えることができます。

 

活性酸素とは、体の細胞を酸化させ傷つけるおおきな要因です。

活性酸素が体内で増えると、大きな病気、老化の促進、見た目の劣化を加速させてしまうのです。

特にリバウンドの1番の原因はチョコやポテチ、アイス、ジュース、カップラーメン、ハンバーガーなどのお菓子やジャンクフードです。

これらの食べ物には糖質、脂質、食品添加物が含まれており、太る要素しかありません。

また、健康に必要な栄養素がまったくないといっても過言ではありません。

ですから、食べすぎると老化と病気を促進させるので、食べすぎには十分、注意しましょう。

 

とはいえ、体に悪くても美味しい食べ物、料理を食べるのも人生の楽しみの一つです。

美味しい料理や食べ物は自分で調整しながら、食べるようにしましょう。

 

4.水でのファスティング(断食)はおススメできない理由

  • ビタミンやミネラル、アミノ酸など必要な栄養素が摂れない
  • アミノ酸が摂れないので、筋肉量が落ちる可能性がある
  • ふらつきや空腹感などの苦痛を感じ続けなければならない
  • 低血糖症状になる可能性が高まる
  • 自宅で一人で安全にできる保証がない

このように水だけファステイング(断食)だと、健康面でのリスクが心配されるので、オススメできません。

 

一方で酵素ドリンクを飲みながらファステイング(断食)をすれば上記の問題点が解消されます。

  • ビタミン、ミネラル、アミノ酸など必要な栄養素が補給できる
  • アミノ酸が補給できるので、筋肉量の低下を最小限に抑えれる
  • 空腹感が和らぐので、ファステイング中の苦痛の軽減できる
  • 野菜や果物などの自然な糖分が摂れるので、血糖値が安定する
  • 自宅で一人で安全にファステイング(断食)に取り組める

何も食べないとなると辛い空腹感やふらつきに堪えファステイングが厳しい修行のようになってしまいます。

 

しかし、酵素ドリンクを飲みながら、ファステイングをすれば難易度が下がり取り組みやすくなるでしょう。

 

5.酵素ドリンクの選び方の注意点

酵素ドリンクなら何でも良いという訳ではありません。

 

ネット上には酵素ドリンクとは言い難い商品が高額で販売されています。

では、どうすれば本物かニセモノかを見極めらるのでしょうか?

 

本物の酵素ドリンクの見極めるポイントが以下の3点になります。

  • 完全無添加の酵素ドリンクなのか?
  • 発酵・熟成して作られているのか?
  • 原液100%の酵素ドリンクなのか?

この3つが満たされて入れば、本物の酵素ドリンクと判断して間違いないです。

さらに、欲を言えば以下の4つも考慮したいところです。

  • コストパフォーマンスが良いか?(手頃な値段か?)
  • 口コミの評判が高いが?
  • 返金保証があるか?
  • サービス・特典が充実しているか?

上記の7点を満たしている酵素ドリンクがあります。

 

それは優光泉(ゆうこうせん)酵素という、酵素ドリンクです。

私も3年以上飲み続けている酵素ドリンクです。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は酵素ドリンクを使ったファスティング(断食)の正しいやり方について解説しました。

  • 定期的にファステイング(断食)を実践する
  • 「ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ」を中心に食事をする
  • 1日2食、腹八分を心がける
  • 定期的にランニングやウォーキングなどの軽い運動をする

これらを心がけるだけで健康、若さ、美しさの維持は簡単です。

 

ファスティング(断食)は短期間のプチ断食から始めて、徐々に期間を延ばしていくのが、成功の秘訣になります。

 

あなたが生活習慣にファステイング(断食)を取り入れれば以下のようなメリットがあります。

ファスティングのメリット

  • 病気の予防対策になり健康の維持・増進につながる
  • 老化予防になり若さを保てる
  • 健康寿命が延び長く元気でいられる
  • スリムな身体を維持できる
  • 似合う洋服が増えオシャレが楽しめる
  • 自分に自信がもてる

 

健康・若さ・美しさを保ち続ければ、あなたの毎日に大きなメリットなります。

あなたもファスティング(断食)を生活習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

-ファスティング(断食)
-, ,