自宅で酵素ドリンクを使った断食(ファスティング)のやり方【初心者必見】

更新日:

断食のやり方

これから「断食(ファスティング)ダイエットをしてみたい」「健康のために断食(ファスティング)に挑戦したい」「断食に興味があるけどやり方がわからない」このように断食に興味があるけど具体的に断食のやり方がわからない人のために、この記事では断食(ファスティング)のやり方を紹介します。

 

断食(ファスティング)は短期間のやり方から長期間のやり方まであるので順番に紹介していきます。

プチ断食のやり方

プチ断食とは1日3食の食事を1食や2食、酵素ドリンクに置き換えてダイエットする方法です。

 

食べないことに慣れていない断食の初心者の方は、初めはプチ断食をオススメします。

1食置き換え(プチ断食)のやり方

1食置き換えは朝食、昼食、夕食のどれか1食を酵素ドリンクに置き換える方法です。

 

オススメとしては朝食を酵素ドリンクか果物に置き換えることをオススメします。

ポイント

プチ断食で酵素ドリンクを使いたくない場合は、果物をオススメします。

果物は消化も良くビタミン、ミネラル、必須アミノ酸など人間に必要な栄誉素がバランスよく含まれているからです。

なぜなら人間には体内リズムがあり午前4時~午後12時までは排泄の時間と言われています。

 

この時間帯に酵素ドリンクや消化の良い果物に置き換えることで体内の排泄にエネルギーが集中できるのでスムーズに体に溜まった毒素などの排泄を行うことができます。

サーカディアンリズム(体内の周期的なリズム)

午前4時~午後12時:排泄のサイクル

午後12時~午後20時:摂取のサイクル

午後20時~午前4時:吸収のサイクル

 

2食置き換え(プチ断食)のやり方

2食置き換えは3食中、2食を酵素ドリンクに置き換えるダイエット方法です。

 

置き換えるオススメの時間帯は、朝と夜の2食、酵素ドリンクに置き換える方法です。

 

なぜなら体内周期によると昼から夜にかけてが消化・分解が最も活発化される時間帯だからです。

断食(ファスティング)のやり方

体がプチ断食に慣れてきたら断食(ファスティング)に挑戦することをオススメします。

 

断食(ファスティング)を成功させるコツは、初めは1日断食から始めて慣れてきたら2日、3日と日にちを伸ばしていくやり方が体にもメンタルにも負担がすくないです。

1日断食(ファスティング)のやり方

1日断食のやり方は準備食1日、断食1日、回復食1日です。

 

断食と同じ日数を準備食と回復食に設ける必要があります。

 

準備食や回復食は空腹感や身体への負担を和らげるために取り入れます。

 

1日断食は、人によっては多少、ダイエット効果もありますがダイエットというよりは胃腸をやすめたりもっと長い期間の断食をすうための体作りの効果があります。

 

私たちは毎日3食、しっかり食べることで胃腸、肝臓、腎臓、膵臓などの内臓にかなりの負担をかけてしまいます。

 

1日に2000kcal以上の食べ物を消化・分解するエネルギーはフルマラソン(42.195キロ)を走るエネルギーに匹敵すると言われています。

 

あなたもご飯をお腹いっぱい食べたあと眠くてしょうがないという経験があるのではないでしょうか?

 

その眠気の原因は食べ物の消化に膨大なエネルギーを使ってるからなんです。

 

つまり断食を定期的にして内臓の負担を和らげ休ませることはダイエットだけでなく健康を保つ秘訣でもあります。

3日間の断食(ファスティング)のやり方

3日間の断食のやり方は準備食、回復食もそれぞれ3日間ずつとります。

 

今まで不摂生な食生活をしてきた人は好転反応がでるでしょう。

 

好転反応とは体のデトックスが起きてるときに頭痛・眠気・だるさ・吐き気などの症状がでることです。

3日間の断食の効果

  • ダイエット効果
  • 食べないことへの不安・心配の気持ちの緩和
  • 内臓の休息

 

注意

いきなり3日間の断食(ファスティング)に挑戦しようとすると、空腹感や食べないことへの不安感があるので挫折する可能性が高くなります。

なのでプチ断食から始めて、慣れてきたら1日断食、2日断食と徐々に期間を伸ばしていくことが成功のコツです。

5日間の断食(ファスティング)のやり方

5日間の断食の期間と同様に準備食、回復食も5日間ずつ期間を設けます。

 

準備食、回復食も真面目に取り組むことで空腹感がなく楽に断食できたりリバンウドをしないで体重を維持することができます。

 

また5日間の断食は3日間の断食に慣れたあとにやると空腹感もなく実践することができます。

5日間断食の効果

  • ダイエット効果
  • 体のデトックス・リセット効果
  • 食べないことへの不安・心配・恐怖心の軽減
  • 少食になるための体作り

私も定期的に断食(ファスティング)をしていますが、5日間の断食をしてとき初めて好転反応が起きました。

軽い頭痛と立っているのが辛いくらいの気持ち悪い状態です。

定期的に断食を実践していると体内がデトックスされ好転反応は起こらなくなります。

まとめ

現代の日本では食べ過ぎることで、生活習慣病にかかって体を壊している人が多くいます。

生きる上で健康を保つことが一番、大切だと私は思っています。

健康でなければ、仕事もできないし、人生を楽しむことができません。

断食(ファスティング)の素晴らしいのはダイエット効果だけでなく、体の中をキレイにして健康を保つことができます。

そんな断食(ファスティング)ダイエットを成功させるためにはプチ断食から始めて、徐々に断食の期間を伸ばしていくことが成功の秘訣です。

何事もそうですが、いきなり大きな目標を設定しても挫折してしまいます。

また女優さんやモデルの人の体形を目指すのであれば断食(ファスティング)+ランニング&ウォーキングが必要になります。

ランニング&ウォーキングが慣れていない人は初めは無理な目標を設定してはいけません。

例えば100mランニングをするのが限界であればそれでかまいません。

毎日100mランニングして体が慣れてきたら150m、200mと伸ばしていきます。

目標を達成する秘訣は自分ができる範囲のことから継続して続けることです。

挫折する人の共通点は無理な目標を設定して3日坊主で終わることの繰り返しです。

必ずダイエット中に摂ってほしい食べ物は果物です。

果物はビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、良質な糖分がバランスよく含まれているので健康的にダイエットするためには欠かせません。

健康・若々しさ・美しいスタイルを手にいれればあなたの人生に大きなメリットなります。

あなたも断食(ファスティング)を生活習慣に取り入れてみることをオススメします。

-断食(ファスティング)

Copyright© 30代からの断食(ファスティング)入門|元気・健康・若さのために , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.