ファスティング(断食)

40代で体が鉛のように重い原因とは?重くてだるい体が軽くなる3つの解消法を紹介!!

40代で体が鉛のように重くなる原因とは?体が軽くなる3つの解消法を紹介

 

本記事に訪問したあなたは次のような悩みがあるのではないでしょうか?

  • 体が鉛のように重くだるい
  • しっかり睡眠をとっても疲れがとれない
  • 体が重くて朝起きるのがつらい
  • 体調が悪いので気分が沈む

 

シュン
私も38歳のときに上記のような症状が出て体調不良になりました。

それ以外にも、腰痛、四十肩の痛み、手首の痛み、脇腹の痛み、膝の痛み、咳がとまらないなど最悪の状態でした。

でも、今回紹介する3つの方法を試した結果、2カ月で健康状態を取り戻しました。

 

本記事では体が鉛のように重い原因と軽い体を取り戻す3つの方法をご紹介します。

 

あなたが本記事に書かれていることを継続的に実践するれば以下のようなメリットが得られます。

  • スタミナがつき体が軽くなって快適に過ごせる
  • 健康な状態を維持できる
  • ダイエットができる
  • 老化のスピードを遅くし若々しさがキープできる

 

40代は大きな病気になりやすい年代でもあります。

 

ぜひ本記事に書かれている方法を実践して、元気な体を取り戻してください。

 

体が鉛のように重い原因は内臓疲労

体が鉛のように重い原因は内臓疲労

 

40代に入って体の衰えを実感している人は多いのではないでしょうか。

 

40代の私も体の衰えを実感しています。

 

肉体の衰えと同時に内臓の消化機能も知らぬ間に衰えています。

 

10代、20代の頃と同様な食生活をしていると、内臓疲労が蓄積し悲鳴をあげてしまいます。

 

その結果、内臓疲労の影響で体が鉛のように重くなってしまうのです。

 

では、なぜ内臓疲労を起こすのでしょうか?

 

それは、食習慣に問題があるからです。

 

内臓疲労の原因になる5つの悪い食習慣は以下になります。

  1. 良く噛まないで、早食いをする
  2. 精製された糖質の食べすぎ
  3. 動物性タンパク質の食べすぎ
  4. ジャンクフードの食べすぎ
  5. お酒、タバコの飲みすぎ

こうした長年の悪い食習慣が内臓に大きな負担をかけ、40代で「体が鉛のように重い」状態を誘発するのです。

 

では1つづつ具体的に解説していきます。

 

1.良く噛まないで早食いをする

 

良く噛まないで早食いすると、胃腸、膵臓、肝臓、腎臓などの内臓に負担をかけます。

 

なぜなら、よく噛まないで早食いすると唾液の力の恩恵を受けられないからです。

 

唾液にはデンプンを分解する消化酵素アミラーゼが含まれています。

 

よく噛んで食べることで唾液に含まれる消化酵素のアミラーゼが、食べ物の消化を助けてくれます。

 

ですから、良く噛んでゆっくり食べることで、胃腸などの内臓への負担を軽減します。

 

また、唾液には殺菌・抗菌・抗カビ作用のある酵素リゾチーム、ペルオキシダーゼなどが含まれています。

 

唾液に含まれる酵素ペルオキシダーゼ病気や老化の原因になる活性酸素の発生を減少させる働きがあります。

 

唾液に含まれる酵素リゾチーム口から入ってきた細菌やウイルスの増殖を防ぐ働きがあります。

 

つまり、よく噛まないで早食いすると、こうした唾液に含まれる消化酵素の恩恵を受けられないので内臓疲労の原因になります。

 

さらに、よく噛まないで早食いすると食べすぎの原因になります。

 

なぜなら、良く噛まないで早食いすると、脳内の視床下部にある満腹中枢の刺激を感知できないからです。

 

満腹中枢が刺激されるまでには20分~30分の時間がかかります。

 

ですから、良く噛まないで20分以内で食べてしまうと満足感が得られません。

 

その結果、食べすぎてしまい肥満や内臓疲労の原因になってしまうのです。

 

このように良く噛まないで早食いをすると

  • 胃腸、肝臓、腎臓、膵臓などの内臓に負担をかける
  • 唾液の消化酵素の恩恵を受けられないので、活性酸素やウイルス・細菌などが増殖する
  • 満腹中枢の刺激が感知できず食べすぎてしまい肥満の原因になる

などの内臓疲労や病気の原因を引き起こしてしまうのです。

 

2.精製された糖質の食べすぎ

精製された糖質とは、白米、パン、パスタ、うどん、麺類、白砂糖のことです。

 

これらの食品は精製の過程でビタミンやミネラル、食物繊維などの健康に欠かせない栄養素がそぎ落とされています。

 

玄米などに含まれる食物繊維は、糖質の吸収をゆるやかにする働きがあります。

 

ですがら、玄米を食べても血糖値の急上昇は起こりません。

 

しかし、精製された糖質には食物繊維がないので、食べると血糖値が急上昇します。

 

血糖値が急上昇すると、膵臓からのインスリンが過剰に分泌されます。

 

すると血糖値が急降下しニセモノの空腹感を感じるので、過食を助長させます。

 

その結果、食べすぎが日常的になり内臓に負担をかけ内臓疲労の原因になってしまうのです。

 

精製された糖質の食べすぎで血糖値の急上昇が継続的に起こると以下のようなデメリットがあります。

  • 血管の炎症を促し動脈硬化を加速させ心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高める
  • 血糖値を下げるインスリンが効かなくなり、糖尿病のリスクを高める
  • 血糖値の乱高下は疲労感や気分のイライラ、落ち込みなど情緒不安定を引き起こす
  • 精製された糖質は腸内フローラの悪玉菌のエサになるので腸内環境が乱れる
  • 過剰な精製された糖の摂取は脳細胞の炎症を促すので認知症のリスクを高める

このように精製された糖質の食べすぎは内臓疲労だけでなく、あなたの健康を害するリスクを高めてしまうのです。

 

3.動物性タンパク質の食べすぎ

 

動物性タンパク質とは牛肉、鶏肉、豚肉、魚、卵、牛乳、乳製品などのことです。

 

動物性タンパク質はタンパク源として重要視されていますが、食べすぎると内臓に負担をかけ内臓疲労を引き起こします。

 

動物性タンパク質には窒素が含まれていますが、消化の過程で毒性の強いアンモニアが発生します。

 

そこで、解毒することが役割の肝臓が有害なアンモニアを無害な尿素に変換しますが、このときに肝臓におおきな負担をかけます。

 

そして、尿素は腎臓でろ過して尿として排出しますが、尿素から尿にろ過する過程で腎臓に大きな負担をかけてしまいます。

 

このように、動物性タンパク質を食べすぎると肝臓・腎臓の解毒作業がキャパシティーオーバーになり内臓疲労の原因になるのです。

 

また、動物性タンパク質は腸内細菌の悪玉菌のエサになります。

 

便秘になり腸内で腐敗すると毒性の強いアンモニアやアミンが発生します。

 

その結果、腸内環境が乱れて腸へ大きな負担をかけてしまうのです。

 

4.ジャンクフードの食べすぎ

 

ジャンクフードのジャンクとは日本語では「ガラクタ・役にたたないモノ」という意味です。

 

ジャンクフードの定義は高カロリー・高脂肪・高塩分でビタミンやミネラルなどの栄養素がない食べ物を指します。

 

シュン
個人的には高糖質・食品添加物もジャンクフードの定義に含めたいです。

 

ジャンクフードは以下のような食べ物を指します。

  • 菓子類:ポテトチップス、チョコレート、アメ、ガム、クッキー、ケーキ、ドーナツ、菓子パン、コーラ
  • 料理:フライドチキン、ハンバーガー、フライドポテト、ピザ、カレーライス、牛丼、ラーメン

このような食べ物を食べすぎると消化が悪いので内臓疲労の原因になります。

 

また、食べつづけると肥満、高血圧、高血糖、高コレステロールなどになり生活習慣病のリスクを高めます。

 

さらに、このような精製・加工された食品は麻薬のように依存性や中毒性があります。

 

食べても食べてもまた欲しくなるという感情を誘発するので注意しましょう。

 

5.お酒・タバコの飲みすぎ

 

お酒・タバコの飲みすぎは内臓疲労というより体全体に悪影響を及ぼします。

 

お酒の害

 

お酒を飲みすぎると肝臓が悪くなるというのは多くの方が知っているかと思います。

 

大量の飲酒は脂肪肝になり肝炎、肝硬変などのリスクを高めます。

 

しかし、継続的なお酒の飲みすぎの害は肝臓だけではありません。

 

膵臓、脳、循環器系(心臓、血管)、消化管(胃腸)など体全体に悪影響を及ぼします。

 

お酒の飲みすぎは以下のような疾患のリスクを高めます。

  • 肝臓:肝脂肪、肝炎、肝硬変、肝臓ガン
  • 膵臓:膵炎、膵臓ガン、糖尿病
  • 胃:急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、
  • 脳:精神障害、アルツハイマー型認知症
  • 神経:運動障害

このようにお酒の飲みすぎは体全体にダメージを与えるので、内臓疲労にも深くかかわっています。

 

タバコの害

 

タバコの三大有害物質といえば以下になります。

  • ニコチン・・・麻薬を上回る依存性があり、血管を収縮し血流を悪くする
  • タール・・・約70種類の発ガン性物質が含まれている(ニトロソアミン、多環芳香族炭化水素類など)
  • 一酸化炭素・・・酸素を運ぶ機能が妨げられ、全身の細胞が酸欠状態になる

タバコの成分は体にこのような害をもたらします。

 

国内の調査によると20歳以前から喫煙を続けていると男性で8年、女性10年、寿命が縮まることがわかっています。

 

タバコの害の有名な疾患は慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)などの呼吸器疾患が挙げられます。

 

しかし、継続的な喫煙で引き起こされる疾患は次のような症状もあります。

  • 脳卒中、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)などの循環器疾患
  • 2型糖尿病、歯周病
  • ガン(鼻腔・副鼻腔、口頭・咽頭、食道、肺、胃、肝臓、膵臓、胃、子宮頸、膀胱)

このように喫煙は全身に害を与えるので、内臓疲労にも関連性があります。

 

体が鉛のように重くなる原因を紹介してきましたが、なぜ40代になると体が鉛のように重くなるのでしょうか。

 

それは体内酵素の分泌量が30代後半~40代にかけて減少するからです。

 

体内酵素とは大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」があります。

 

体内酵素は体内で以下のような働きをします。

  • 消化酵素・・・食べ物を消化・吸収する
  • 代謝酵素・・・細胞修復、免疫力の強化、毒素の排出、栄養素の分解・合成・運搬

 

消化酵素と代謝酵素は密接に関係していて、暴飲暴食をして消化酵素を使いすぎると代謝酵素が不足してしまいます。

 

その結果、自然治癒や体内を大掃除をする代謝酵素が、働かなくなるためダメージが蓄積されていきます。

 

10代、20代などの若い時期は体内酵素の分泌量が多いので、暴飲暴食して消化酵素を無駄遣いして、代謝酵素が働くだけの酵素があります。

 

ところが40代になると体内酵素の1日の分泌量がグッと減ります。

 

そのため、20代のような食生活をしていると、消化酵素に消費されてしまい代謝酵素に使うための酵素が枯渇してしまいます。

代謝酵素が働かなくなると

  • 細胞の炎症が促進され、細胞が慢性炎症化する
  • 有害物質、老廃物が細胞に蓄積される
  • 腸内環境が乱れ免疫力が低下する
  • 食べ物の栄養素が吸収しづらくなる

このように健康を維持・調節するための機能が停滞してしまいます。

では、代謝酵素を活性化して内臓を休息させる3つの方法をご紹介します。

 

内臓疲労を解消する3つの方法

内臓疲労を解消する3つの方法とは?

 

40代で糖質・脂質過多の食生活は消化酵素を浪費し内臓が悲鳴をあげてしまいます。

 

そこで消化酵素を抑え代謝酵素を活性化して、鉛のように重い体を解消する方法は以下の3つです。

  1. ファスティング(断食)の実践
  2. 16時間断食(別名、置き換えダイエット、プチ断食)
  3. 「まごわやさしいこ」の食材中心に食べる

 

ファスティング(断食)の実践

代謝酵素を活性化するのに最も効果的なのがファスティング(断食)の実践です。

ファスティング(断食)の効果を具体的に説明すると

  • 炎症した細胞の修復
  • 体内に蓄積された毒素の排出
  • 栄養素の吸収力を高める
  • 内臓の休息、リセット

ファスティング(断食)を実践すると、このような効果が得られます。

 

特に40代になると内臓機能が低下するので内臓に休息を与えることが大切です。

 

暴飲暴食を続けていると寝ている間も内臓が活発に活動して休む暇がありません。

 

私たちも休日をとるとリフレッシュできるように、内臓にも休日を与えてリフレッシュさせることが必要です。

 

すると内臓機能が回復して、本来の働きを取り戻すでしょう。

 

そして、それと同時にあなたの鉛のように重かった身体も軽くなり元気を取り戻します。

 

シュン
私も38歳で体調を崩したとき3日間と5日間のファスティング(断食)を実践しました。 すると、鉛のように重かった身体が、軽くなり健康を取り戻しました。

 

ちなみにそれ以外にも以下のような症状がありました。

  • 半年前から止まらない咳
  • 腰痛
  • 右肩の痛み
  • 右手首の痛み
  • 右脇腹の痛み
  • 右膝の痛み

このような症状がファスティング(断食)を2回行い、食生活を改めることで無くなりました。

 

今、思えば週3でラーメン、週末に回転寿司、仕事帰りにうどうに揚げ物のトッピング、甘い菓子パンなどの食生活が問題だと思っています。

 

糖質と脂質に偏った食生活が気づかぬうちに肝臓と腸内環境を悪くしてしまったのです。

 

ファスティング(断食)は内臓の休息にいいと知っていました。

 

以前にこの本を読んでいたからです。

『3日食べなきゃ、7割治る!』というタイトルに惹かれて購入しました。

 

でも、当時は健康で元気だったので、流し読みしてファスティング(断食)は自分には関係ないと思い実践しなかったです。

 

体調不良になり本を思い出して3日間と5日間のファスティング(断食)を実践した結果、すっかり体調が良くなりました。

 

あなたも病気じゃないけど、なんだか体調が悪いと思うのであれば、ぜひファスティング(断食)試してみてください。

 

期間としては長すぎず短すぎない3日間のファスティング(断食)がおすすめです。

 

ファスティング(断食)には安全で正しいやり方があり、自己流で行うと危険が伴います。

 

ファスティング(断食)のやり方は以下の記事を参考にしてみてください▼

ファスティング(断食)とはそもそも何か知りたい方は下記の記事をご覧ください▼

 

また、

 

16時間断食の実践

 

数日間のファスティング(断食)は自分にはハードルが高いという方には、まずは16時間断食の実践をおすすめします。

 

16時間断食は、別名プチ断食、置き換えダイエットとも呼ばれています。

 

16時間断食の効果的なやり方は朝食か夕食を抜く方法を推奨します。

 

なぜなら、朝食か夕食を抜けば睡眠時間も16時間断食に含めることができるからです。

 

睡眠中は意識がないので食べないことを我慢するのが楽ですよね。

 

ですから、16時間断食で朝食や夕食を抜けば実践のハードルが下がります。

 

とはいえ、16時間断食の間に何も食べてはいけないというわけではありません。

 

間食として食べていいもの、飲んでいい飲み物があります。

食べていいもの

  • 無塩のナッツ類・・・アーモンド、ピスタチオ、カシューナッツ、クルミなど
  • 果物・・・ミカン、りんご、梨、ぶどう、スイカ、メロン、キウイ、など(バナナは1,2本まで食べすぎ注意)

飲んでいい飲み物

  • カフェインレスのお茶・・・麦茶、ハーブティーなど
  • 100%のフルーツジュース
  • 青汁
  • 無添加のスムージー
  • コールドプレスジュース
  • 無添加の酵素ドリンク
  • ミネラルウォーター

低カロリーでビタミンやミネラルなどの栄養素があり内臓にやさしい食べ物や飲み物を間食として食べるのがおすすめです。

 

私が無添加の酵素ドリンクで16時間断食を10日間実践したので参考にしてみてください▼

優光泉(ゆうこうせん)で朝食置き換えダイエット10日間の実践
優光泉(ゆうこうせん)で朝食置き換えダイエットのプチ断食を10日間実践!ビフォーアフター画像あり

続きを見る

 

ちなみに16時間断食とは言いかえると1日2食ということです。

 

前述したように40代になると体内酵素の分泌量が減るため、1日3食だと常に内臓が消化活動をしている状態になります。

 

すると代謝酵素が活性化しないので、体内での細胞の炎症、毒素の蓄積などが進行してしまいます。

 

ですから、食べすぎているなとあなたが感じてるなら16時間断食を実践して、「1日2食、腹8分」の食生活を習慣化してみてはいかがでしょうか?

 

シュン
ちなみに私はそのときの気分で1日1食、1.5食、2食あたりの食生活で腹7分~8分、1日3食は食べていません。

40代ですが、非常に体が軽く体調も万全で風邪を引くこともがありません。

やはり少食生活の賜物だと実感しています。

 

「まごわやさしいこ」を率先して食べる

 

現代の日本人の食生活は糖質・脂質過多の食生活に偏りがちです。

 

しかし、体の衰えが現れ始める40代に入って糖質・脂質過多の食生活をしていては体調不良を起こすのは当然の結果です。

 

そこで、健康を維持するために心がけるのが「まごわやさしいこ」中心の食生活です。

 

「まごわやさしいこ」とは以下のような食品のことです。

  • 「ま」まめ・・・大豆、豆腐、納豆
  • 「ご」ごま・・・種実類、ごま、アーモンド、ピーナッツ、くるみ
  • 「わ」わかめ・・・海藻類、ひじき、昆布、もずく、めかぶ
  • 「や」やさい・・・野菜、淡色野菜、緑黄色野菜
  • 「さ」さかな・・・魚介類、アジ、しらす、さんまなどの小魚
  • 「し」しいたけ・・・キノコ類、しめじ、まいたけ、エリンギ
  • 「い」いも・・・じゃがいも、さつまいも、さといも
  • 「こ」酵素・・・生野菜、果物、漬物、味噌などの発酵食品

こうした食品を意識して、食べればバランスよく必要な栄養素が摂取できます。

 

必要な栄養素とは炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル(抗酸化物質)、食物酵素などです。

 

また、植物性食品は消化によく内臓にやさしいので、40代に最適な食品です。

 

ぜひ、意識的に食べるようにしてみましょう。

 

まとめ:40代は内臓の休息と食の量と質の見直しが健康管理のポイント

いかがでしたでしょうか。

 

今回は40代で体が鉛のように重くなるたった一つの原因と解消して軽い体を取り戻す3つの方法について解説しました。

 

本記事の要約

体が鉛のように重くなる原因:内臓疲労

内臓疲労になる悪い5つの食習慣

  1. 精製された糖質の食べすぎ
  2. 動物性タンパク質の食べすぎ
  3. ジャンクフードの食べすぎ
  4. お酒・タバコの飲みすぎ

軽い体を取り戻す3つの方法

  1. ファスティング(断食)の実践
  2. 16時間断食の実践
  3. 「まごわやさしいこ」中心の食生活

 

 

このような方法をあなたの生活習慣に取り入れれば、鉛のように重い体は解消されるでしょう。

 

ただ、ファスティング(断食)には栄養失調と空腹感の辛さという2つ不安があります。

 

そんな2つの不安を解消してくれるのがファスティング(断食)専用に作られたドリンクの優光泉(ゆうこうせん)酵素です。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素を飲みながらファスティング(断食)をすれば、栄養失調と空腹感の辛さを解消してくれます。

 

※優光泉(ゆうこうせん)酵素についてもっと詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。※

 

そして体が軽くなり快適になれば、元気な毎日を過ごせるようになります。

 

仕事したり、遊んだりするには健康な体が第一ですので、ぜひファスティング(断食)を体験してみてください。

-ファスティング(断食)
-