飽食の時代だからこそファスティングや16時間断食が必要

 

はじめまして!シュンといいます。

 

最近、「16時間断食」や「オートファジー」という言葉が注目を集めていますよね。

 

なぜ、「16時間断食」や「オートファジー」が注目を集めているのでしょうか?

 

それには4つの理由が考えれます。

 

  • ①:「オートファジーの仕組みの解明」で大隅良典氏がノーベル生理学・医学賞を受賞した
  • ②:有名人やインフルエンサーなどの影響力のある人が情報発信をしている
  • ③:ダイエットだけでなく病気の予防や老化防止など、健康面・美容面での効果が明らかになった
  • ④:以前に比べて健康志向の人が増えている

 

こうしたことが、注目を集めているのではないかと個人的に思っています。

 

当サイトでは、そんなファスティング(断食)や16時間断食、オートファジーなどについての情報を中心に発信していきます。

 

当サイトは以下のような方には、おすすめの内容となっています。

 

  • 健康を維持しながら長生きしたい方
  • 生活習慣病などの大きな病気を事前に予防したい方
  • 老化にブレーキをかけ見た目の若さを保ちたい方
  • 安全に無理なくファスティング(断食)ダイエットがしたい方

 

こうした願望は、ファスティング(断食)や16時間断食の定期的な実践が、効果的な方法になります。

 

シュン

実際に私も30代後半で体調を崩し、ファスティング(断食)や16時間断食を実践することで体調不良が回復。

以前は、ファスティング(断食)が健康に効果があるなんて信じていませんでした。

しかし、ファステイング(断食)の健康効果を体験した結果、一変したのです。

ちなみに、体調不良とは具体的に以下のような症状です。

 

  • 睡眠をとっても疲れが取れない
  • 朝起きたときカラダが鉛のように重く冷や汗をかいている
  • 立ってるだけで腰が痛くなる
  • 右脇腹、肩、肘、手首の関節の痛み
  • 半年間、咳が止まらない

 

このような症状が現れましたが、ファステイング(断食)と16時間断食を定期的に行った結果、すっかり体調が回復したのです。

 

今、振り返ればコンビニ食、カップラーメン、菓子パンなどのジャンクフードに偏りがちでした。

 

この経験を通して食生活の乱れは、30代後半になると体調不良となって表に出るんだと実感しました。

 

当サイトの情報があなたのダイエットや健康面、美容面に役に立てたなら幸いです。

 

ちなみに、私のファスティング(断食)や16時間断食を実践した詳細は以下の記事にまとめています▼

>>酵素ドリンク・優光泉でファスティング(断食)ダイエット体験ブログ

酵素ドリンクの優光泉(ゆうこうせん)を使ったファスティング(断食)体験ブログ
酵素ドリンク・優光泉でファスティング(断食)ダイエット体験ブログ

続きを見る

 

飽食の時代の問題点3つ

飽食の時代の問題点3つ

 

現代の日本は飽食の時代といわれており、ほとんどの人が食べ物に困りません。

 

外出すれば、スーパー、コンビニ、飲食店が乱立し、料理をしなくても美味しい食べ物がすぐに食べれます。

 

しかし、一方で、さまざまな問題点が表面化しています。

 

飽食の時代の問題点3つ

  • ①:生活習慣病の増加
  • ②:新型栄養失調の増加
  • ③:食品添加物の摂取量増加

 

では、上記3つの問題点を具体的に解説していきます。

 

①:生活習慣病の増加

 

飽食の時代の問題点1つ目は、生活習慣病の増加です。

 

近年、日本では生活習慣病が増加傾向にあります。

 

主な生活習慣病の人数

  • 高血圧:993万7000人
  • 糖尿病:1000万人、糖尿病が疑われる人も約1000万人と増加傾向
  • 脂質異常症:220万5000人
  • 慢性腎臓病:1330万人
  • 心筋梗塞:173万人
  • 歯周病:世界で一番多いとされている

出典:メドアグリケア

 

こうした、生活習慣病の主な原因は食生活であることが明らかになってます。

 

1970年代~1990年代かけて「安い、早い、うまい」の外食産業がまたたくまに乱立しました。

 

また、コンビニも70年代~80年代にかけて急速に発展し、今では全国で約4万店舗を超えています。

 

このように、いつでもどこでもすぐに美味しい物が食べれる状況が、生活習慣病を急増させる主な要因と考えられています。

 

生活習慣病とは食生活、運動不足、喫煙、飲酒などが原因で発症する病気のことです。

 

生活習慣病は以前までは加齢に伴う病気と考えられていたため、「成人病」と呼ばれていました。

 

しかし、近年、若年層にも発症することが明らかになり「生活習慣病」と改名されたのです。

 

②:新型栄養失調の増加

 

飽食の時代の問題点2つ目は、新型栄養失調の増加です。

 

あなたは、栄養失調と聞くと十分な食事ができず、ガリガリに痩せている人をイメージするのではないでしょうか。

 

しかし、近年、増えている新型栄養失調とは、必要なカロリーは十分に摂れているのに、栄養失調になっている人のことをいいます。

 

原因は糖質、脂質、タンパク質に偏った食生活をしているからです。

 

例えば、糖質、脂質、タンパク質に偏った食生活とは以下のような食べ物が挙げられます。

 

  • 精製された炭水化物:白米、食パン、うどん、パスタ、ラーメン、ソーメン
  • 動物性タンパク質:牛肉・豚肉・鶏肉、魚、卵、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)
  • お菓子:チョコ、ポテチ、クッキー、アイス、ゼリー、スイーツ、ジュース
  • 加工食品:レトルト食品、冷凍食品
  • ジャンクフード:ハンバーガー、ポテト、カレー、ピザ、牛丼、フライドチキン

 

こうした食品に長期間、偏ってしまうとカロリーは摂れていても栄養失調になってしまうのです。

 

しかも、精製・加工された食品は、マイルドドラックと呼ばれ、食べると快楽物質であるドーパミンが分泌されます。

 

ですから、依存性・中毒性があるので、ついついクセになり偏ってしまうのです。

 

一方で、野菜や果物、海藻類、キノコ類、ナッツ類に含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維、オメガ3脂肪酸などが不足しがちです。

 

新型栄養失調を防ぐためにも食事の量を控えて、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの必須栄養素をマメに摂る必要があります。

 

③:食品添加物の摂取量の増加

 

飽食の時代の問題点3つ目は、食品添加物の摂取量の増加です。

 

日本は飽食の時代になり、美味しい食べ物をすぐに食べれるようになりました。

 

例えば、コンビニのスイーツ、カップラーメン、お菓子、冷凍食品などは美味しいですよね。

 

しかし、こうした食品は見た目、香り、食感、保存性などを向上するために食品添加物が使われています。

 

そのため、以前から発がん性などの問題から、食品添加物の摂取量増加が問題視されています。

 

食品添加物の摂取量増加には、次のようなさまざまな問題点があります。

 

  • 世界で禁止されている食品添加物が使われている
  • 日本で使われている食品添加物の種類は世界で1番多い
  • 食品添加物の複合摂取の影響は、検査されておらず未知数
  • 食品添加物によっては、他の食べ物に反応すると強い発ガン物質が発生する

 

厚生労働省では日本で使用されている食品添加物は安全と述べています。

 

しかし、さまざまな視点で食品添加物を検証すると、カラダに負担をかけ病気のリスクを高める可能性があります。

 

生活習慣病の増加、新型栄養失調の増加、食品添加物の摂取量の増加という問題点が表面しています。

 

こうした飽食の問題点を解消するには、ファスティング(断食)や16時間断食の実践が効果的です。

 

なぜなら、オートファジーを活性化して、細胞レベルで有害物質をデトックスできるからです。

 

飽食のデメリットを打ち消すファスティング(断食)の効果3つ

飽食のデメリットを打ち消すファスティング(断食)の効果

 

現代の日本では美味しい食べ物が溢れているので、食欲に任せていたら食べすぎてしまいますよね。

 

そんな食べ過ぎのデメリットを打ち消すのが、ファスティング(断食)や16時間断食の実践です。

 

ファスティング(断食)や16時間断食の効果3つ

  • ①:自然治癒力が活性化する
  • ②:体内の毒素を排出できる
  • ③:疲れた内臓を休息させる

 

ファスティングや16時間断食は上記の効果3つが得られるので、食べ過ぎのデメリットを解消できます。

 

①:自然治癒力が活性化する

 

ファスティング(断食)をすると自然治癒力が活性化します。

 

なせなら、食べ物を消化する消化酵素を、細胞を修復する代謝酵素に全て使い回せるからです。

 

次のような食習慣があると細胞の炎症が進み、老化や病気を促進させます。

 

  • 日常的に暴飲暴食をしている
  • 糖質、脂質、タンパク質の食事に偏っている
  • お菓子や揚げ物などのジャンクフードを頻繁に食べる
  • お腹いっぱいに食べる習慣がある

 

こうした食生活をしていると体内酵素のほとんどが消化酵素に使われ、自然治癒力の働きが停滞してしまいます。

 

しかし、ファスティング(断食)をすると消化酵素を代謝酵素に使い回せるので、炎症した細胞の修復力が高まるのです。

 

世界で最初の医者と呼ばれた古代ギリシアのヒポクラテスは「人は誰でもカラダの中に100人の名医を持っている」という言葉を残しています。

 

シュン

実際に私も3日間のファスティング(断食)を体験して体調不良が回復し、ファスティングの自然治癒力の凄さに感動すら覚えました。

 

私たちには病気を回復させる自然治癒力が、体内に備わっていることを自覚することが大切です。

 

その自然治癒力が活性化させる方法がファスティング(断食)なのです。

 

なお、消化酵素や代謝酵素などの体内酵素については、>>酵素とは何か?体内酵素の働きと量を増やす3つの方法を簡単に解説

にて詳しくお伝えしています。

酵素とは何か?体内酵素の働きと量を増やす3つの方法を簡単に解説

続きを見る

 

体内酵素の知識はファスティング(断食)をする上での重要な基礎知識なります。

 

②:体内の毒素を排出できる

 

ファスティング(断食)2つ目の効果は、体内に蓄積された有害物質や老廃物などの毒素を排出してくれることです。

 

なぜなら、オートファジーの機能が活性化して、細胞内をお掃除してくれるからです。

 

オートファジーとは細胞に蓄積された毒素をキレイに分解して、アミノ酸として再利用する仕組みのことです。

 

例えば、暴飲暴食や食品添加物が含まれるジャンクフードを多く食べていると、有害物質が細胞に蓄積されてしまいます。

 

その結果、細胞が活性酸素により酸化や糖化よる炎症で、老化や病気を促す原因になってしまうのです。

 

こうした細胞の酸化や糖化を防ぐためにもオートファジーを活性化させて細胞を大掃除する必要があるのです。

 

例えば、私たちの多くは、部屋が汚れたら掃除しますし、カラダが汚れたら風呂に入ります。

 

それと同じように定期的に体の中もキレイに大掃除する必要があるのです。

 

定期的なファスティング(断食)や16時間断食によって体内を大掃除することで、病気の予防につながり健康を維持できるのです。

 

なお、オートファジーについては、>>ファスティング(断食)で活性化する奇跡のオートファジーとは?ノーベル賞で証明された仕組みを簡単に解説!にて詳しく述べているのチェックしてみてください。

ファスティング(断食)で活性化する奇跡のオートファジーとは?ノーベル賞で証明された仕組みを簡単に解説!

続きを見る

オートファジーの知識は、体内酵素の知識と同様にファスティング(断食)をする上で、重要な知識になります。

 

③:疲れた内臓を休息させる

 

ファスティング(断食)の効果3つ目は、疲れた内臓に十分な休息を与えることができます。

 

現代の日本人はさまざまな理由から、内臓が疲弊しきっています。

 

あなたの内臓が疲弊しきってる原因は以下のようなものがあります。

 

  • そもそも内臓を休息させるという発想がない
  • 1日3食が一般常識になっていてる
  • 食の欧米化が進み動物性タンパク質の摂取量が増加している
  • ストレスから暴飲暴食をしてしまう
  • お菓子やカップラーメンなどジャンクフードを食べすぎている
  • 食品添加物の摂取量が多く、内臓に負担をかけている

 

上記のようにさまざまな理由から、現代人の内臓は疲れきっています。

 

私たちは体調を崩さないためにも、定期的に休日をとって心身を休めていますよね。

 

それと同様に定期的にファスティング(断食)や16時間断食をして内臓を休める必要があるのです。

 

特に30代、40代になっても20代と同じような量を食べてる人は注意が必要です。

 

なぜなら、年を重ねると消化酵素の量が減少し内臓機能も衰えてくるからです

 

シュン

実際に私も内臓を休息させるという発想がなく、ラーメンやスイーツ、コンビニ弁当など20代と同じペースで食べていました。

その結果、30代後半で体調不良になり、ファスティング(断食)を始めたのです。

 

このように、内臓が疲れきっている方には、ファスティング(断食)や16時間断食で内臓を休息させることが効果的なのです。

 

ファスティング(断食)について、もっと具体的に知りたい方は、>>ファスティング(断食)とは何か?ダイエット、美容、健康を内側から叶えよう!にて解説しているので、参考にしてみてください。

ファスティング(断食)とは何か?
ファスティング(断食)とは何か?ダイエット、美容、健康を内側から叶えよう!

続きを見る

 

また、ファスティング(断食)のメリット・デメリットが知りたい方は、>>ファスティング(断食)のメリット・デメリットとは?ファスティングの体内での作用を徹底解明!にて解説しているので、チェックしてみてください。

ファスティング(断食)のメリットとデメリット
ファスティング(断食)のメリット・デメリットとは?ファスティングの体内での作用を徹底解明!

続きを見る

 

ファステイング(断食)の正しいやり方

 

ファスティング(断食)はカラダの安全のために、正しいやり方があります。

 

ファスティング(断食)の正しいやり方とは、3ステップにわけて行う必要があります。

 

ファスティング(断食)の正しいやり方 3ステップ

 

ファスティング(断食)の正しいやり方とは以下の3ステップになります。

 

  • ① 準備期:準備食・・・ファスティング(断食)前にカラダを準備する期間と食事内容
  • ② 断食期・・・ファスティング(断食)を実践する期間
  • ③ 復食期:回復食・・・休息している内臓をゆっくり起こすための期間と食事内容

 

このように3つのステップを踏むことで、安全にファスティング(断食)が実践できます。

 

ファスティング(断食)前の準備食については、>>ファスティング(断食)をする前日までの準備食のメニュー・献立の例を紹介にて解説しているので、ご覧ください。

断食の準備食
ファスティング(断食)をする前日までの準備食のメニュー・献立の例を紹介

続きを見る

 

ファスティング(断食)の正しいやり方や注意点については、>>酵素ドリンクを使うファスティング(断食)の正しいやり方【初心者向け】にて具体的に紹介してますので、ご参考にしてみてください。

 

ファスティング(断食)後の回復食については、>>ファスティング(断食)後の回復食で失敗しない食べ方【食材・メニューも紹介】にて詳しく解説しています。

失敗しない回復食の食べ方
ファスティング(断食)後の回復食で失敗しない食べ方【食材・メニューも紹介】

続きを見る

 

また、ファスティング(断食)中には、頭痛や眠気、だるさ、一時的な肌荒れなどの好転反応が起こります。

 

好転反応の原因は脂肪細胞に溜まった毒素が分解され、血液を流れて毛穴や尿から排出されるからです。

 

脂肪細胞に蓄積された毒素が血液に流れる過程で、さまざまな体調不良が表れます。

 

好転反応については、>>ファスティング(断食)中に起こる好転反応とは?その対処法とだるい・胃痛・ニキビなど症状を紹介にて解説しているので、参考にしてみてください。

ファスティング中の好転反応とは?原因と対処法
ファスティング(断食)中に起こる好転反応とは?その対処法とだるい・胃痛・ニキビなど症状を紹介

続きを見る

 

その他にはファスティング(断食)を実践する間隔や頻度については、>>酵素ファスティング(断食)6つの期間とその頻度・間隔の目安とは?にて詳しく解説してるので、参考にしてみてください。

酵素ファスティング6つの期間の頻度・間隔の目安とは?
酵素ファスティング(断食)6つの期間とその頻度・間隔の目安とは?

続きを見る

 

ファスティング(断食)の期間

 

ファスティング(断食)の期間をご紹介します。

 

  • 16時間断食(オートファジーダイエット)
  • 1日ファスティング(24時間)
  • 3日間ファスティング(断食)
  • 5日間ファスティング(断食)

 

上記のような期間がありますが、2日間や4日間のファスティング(断食)の期間でも問題ないです。

 

ただし、自宅で1人でファスティング(断食)を行う場合は、5日間までにとどめておきましょう。

 

長期間のファスティング(断食)は危険が伴うので、理解のある医師、専門家の指導の下に行うことをおすすめします。

 

16時間断食(オートファジーダイエット)のやり方

 

16時間断食はオートファジーダイエットとも呼ばれています。

 

なぜなら、何も食べない時間が10時間以上になると脂肪細胞が燃焼し始めて、徐々にオートファジーが活性化するからです。

 

16時間断食のやり方は、>>オートファジーダイエットの失敗しないやり方のコツ5つを徹底解説にて詳しく説明しているので、チェックしてみてください。

16時間断食は1番難易度が低く、定期的に実践するだけでも健康効果が得られます。

オートファジーダイエット失敗しないやり方5つのコツ
オートファジーダイエットの成功するやり方のコツ5つを徹底解説

続きを見る

 

また、オートファジーの仕組みについては、>>オートファジーとは?簡単にわかりやすく仕組みを解説にて詳しくお伝えしています。

オートファジーとは?簡単にわかりやすく仕組みを解説
オートファジーとは?簡単にわかりやすく仕組みを解説

続きを見る

 

シュン

ちなみに、実際に私が16時間断食を実践している記事は以下でまとめています。

>>優光泉(ゆうこうせん)で朝食置き換えダイエットのプチ断食を10日間実践!ビフォーアフター画像あり

優光泉(ゆうこうせん)で朝食置き換えダイエット10日間の実践
優光泉(ゆうこうせん)で朝食置き換えダイエットのプチ断食を10日間実践!ビフォーアフター画像あり

続きを見る

 

3日間ファスティング(断食)のやり方

 

3日間ファスティング(断食)のやり方をご紹介します。

 

ファスティング(断食)をするなら1番おすすめの期間です。

 

短くもなく長くもない期間なので、ファスティング(断食)がどんな感じなのか体験できるからです。

 

3日間ファスティング(断食)のプログラムは以下になります。

 

  • 準備期:準備食2日間
  • 断食期:ファスティング(断食)の期間3日間
  • 復食期:回復食2日間

 

上記のように3日間ファスティング(断食)は合計7日間のプログラムになります。

 

準備食や回復食の期間ついては、延ばす分には健康的なのでご自由にどうぞ。

 

シュン

実際に私が3日間ファスティング(断食)を体験した様子は以下の記事にまとめています。

>>酵素ドリンクを使った3日間ファスティング(断食)のやり方!体重は何キロ痩せるのか?

3日間ファスティング(断食)を初体験
酵素ドリンクを使った3日間ファスティング(断食)のやり方!体重は何キロ痩せるのか?

続きを見る

 

5日間ファスティング(断食)のやり方

 

5日間ファスティング(断食)のやり方をご紹介します。

 

5日間ファスティング(断食)が最もファスティング(断食)の効果が得られる期間と言われています。

 

5日間のファスティング(断食)のプログラムは以下になります。

 

  • 準備期:準備食2日間
  • 断食期:ファスティング(断食)の期間5日間
  • 復食期:回復食2日間

 

上記のように5日間ファスティング(断食)は合計9日間のプログラムになります。

 

準備食や回復食については、期間を延ばす分には健康的なのでご自由にどうぞ。

 

シュン
私が実際に5日間ファスティング(断食)を体験した結果と感想は、以下の記事にまとめています。

>>酵素ドリンクを使った5日間ファスティング(断食)のやり方/体重は何キロ痩せるのか?

酵素ドリンクを使ったファスティング(断食)のやり方!体重は何キロ痩せるのか?
酵素ドリンクを使った5日間ファスティング(断食)のやり方/体重は何キロ痩せるのか?

続きを見る

 

7日間や10日間ファスティング(断食)の実践

 

シュン

期間が長いのでおすすめはしませんが、7日間や10日間ファスティング(断食)を私が実践した記事があるので、興味がある方はご覧ください。

 

>>酵素ドリンクを使った7日間ファスティング(断食)のやり方/体重は何キロ痩せるのか?

酵素ドリンクを使った7日間ファスティングのやり方!体重は何キロ痩せるのか?
酵素ドリンクを使った7日間ファスティング(断食)のやり方/体重は何キロ痩せるのか?

続きを見る

 

>>ファスティング(断食)10日間は体重が何キロ痩せる?見た目の変化は?

見た目画像あり ファスティング(断食)10日間のやり方 体重は何キロ痩せるのか?
ファスティング(断食)10日間は体重が何キロ痩せる?見た目の変化は?

続きを見る

 

こうした、長期間、栄養を摂らないファスティングは、目まいやふらつきなどを起こす危険性があります。

 

そこで、酵素ドリンクで栄養補給をしながらのファスティング(断食)が安全・安心なのでおすすめしています。

 

自宅で安全にファスティング(断食)をするなら酵素ドリンクがおすすめ

 

自宅でファスティング(断食)をする上で難点になるのが、以下の2点です。

 

ファスティング(断食)の難点

  • 栄養不足への不安
  • 空腹感が我慢できない

 

こうした難点を解消してくれるのが、酵素ドリンクです。

 

なぜ酵素ドリンクを飲むと必須栄養素が補給できたり、空腹感が和らいだりするのでしょうか。

 

酵素ドリンクの特徴についてお伝えします。

 

酵素ドリンクの特徴

 

酵素ドリンクは以下のような特徴があります。

 

  • ビタミン・ミネラル・アミノ酸が豊富
  • ビタミン・ミネラルが体内酵素の補酵素・補因子になる(体内酵素のアシスタント役)
  • 熟成・発酵して低分子化しているので、内臓にやさしく消化に負担をかけない
  • 熟成・発酵で栄養価が大幅に増す
  • 野菜や果物から抽出した糖分が血糖値を一定に保ち空腹感を和らげる

 

こうした特徴があるので、ファスティング(断食)をする際の栄養不足や空腹感などの難点を解消できるのです。

 

ファスティング(断食)に使う酵素ドリンクの深ぼり情報は、酵素ドリンクって何に効く?ファスティング(断食)を助ける役割とは?にて解説しているので、参考にしてみてください。

ファスティング(断食)に使う酵素ドリンクの役割とは?
酵素ドリンクって何に効く?ファスティング(断食)を助ける役割とは?

続きを見る

 

本物の酵素ドリンクの選び方【要注意】

 

本物の酵素ドリンクを選ぶには以下の2点に注意しましょう。

 

  • 無添加の酵素ドリンクを選ぶ
  • 熟成・発酵した酵素ドリンクを選ぶ

 

上記の2点をクリアしていれば、本物の酵素ドリンクです。

 

では、なぜ添加物入りの酵素ドリンクをおすすめできないのか。

 

添加物入りの酵素ドリンクをおすすめできない理由

  • 血糖値が急上昇するので、脂肪細胞が増殖する
  • 血糖値の急上昇は血管にダメージを与える
  • 血糖値が乱高下するので、空腹感が辛くなる
  • 食品添加物は消化困難なので、消化酵素を浪費させる
  • 食品添加物は消化の過程で内臓に負担をかける

 

このように添加物入りの酵素ドリンクは、あなたのカラダに負担を与え、本末転倒な効果をもたらします。

 

本物の酵素ドリンクの選び方については、>>ファスティング(断食)に使う本物の酵素ドリンクの選び方とは?にて詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

 

おすすめの人気 酵素ドリンク

優光泉ハーフボトル550ml×2本セット

 

おすすめの酵素ドリンクは優光泉(ゆうこうせん)酵素です。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素がおすすめな理由

  • 販売元のエリカ健康道場が昭和63年(1988年)創業なので、30年以上の実績の信頼がある
  • 原液100%完全無添加だから、カラダにやさしい
  • 国産の厳選された60種類の野菜・果物・野草・穀物・海藻・きのこ類を使用
  • 90%が地元九州産の食材を使っているから、地産地消で栄養価が高い
  • 3カ月間の熟成・発酵で低分子化しているから、内臓に負担をかけない
  • 他社に比べて1本あたりの量が多く値段も高すぎないので、コスパ抜群
  • 定期購入の縛りがない(すぐ解約できる)
  • 1万円の安心返金保証がある(条件を問わない)

 

このように優光泉(ゆうこうせん)酵素は品質面、サービス面ともにユーザーに満足できる内容になっているのでおすすめです。

 

シュン

実際に私も3年以上、継続して優光泉(ゆうこうせん)酵素を飲んでいます。

定期的に16時間断食やファスティング(断食)を実践して、体重管理や内臓を休めたりして健康を維持しています。

 

\定期コース初回30%OFF/

優光泉の公式サイトへ

※最大1万円の安心返金保証

 

優光泉(ゆうこうせん)について詳しく知りたい方は、>>自宅で安全にファスティング(断食)ができる優光泉(ゆうこうせん)酵素とは?にて解説しているので、参考にしてみてください。

自宅で安全にファスティング(断食)できる優光泉(ゆうこうせんとは?)
自宅で安全にファスティング(断食)ができる優光泉(ゆうこうせん)酵素とは?

続きを見る

 

また、優光泉(ゆうこうせん)酵素以外の無添加の酵素ドリンクが気になる方は、>>無添加のおすすめ酵素ドリンク|飲みやすい通販売れ筋人気商品4選にて紹介しているので、チェックしてみてください。

人気のおすすめ無添加酵素ドリンク通販売れ筋4選
人気の無添加酵素ドリンクおすすめ4選|飲みやすい通販売れ筋商品とは?

続きを見る