断食とは?別名ファスティングをすると体が楽になる理由とは?

更新日:

断食というと何日間を飲まず食わずで辛そうな修行、または宗教の儀式的なイメージをもっている人がいるのではないでしょうか?

また最近では別名ファスティングとオシャレな言い方をされて、女性の中でダイエット方法として有名になってきています。

しかし断食は本来、病気を予防するための健康法として古代ギリシャやインドで実践されてきました。

最近では2016年に大隈良典(おおすみよしのり)教授が「オートファジーの仕組みの解明」でノーベル賞を受賞して断食(ファスティング)効果の科学的な根拠が証明されています。

「オートファジー」とは、ギリシャ語で日本語に訳すと「自分を食べる」という意味になります。

人間は飢餓状態になるとオートファジーが活性化して、体内の不用なたんぱく質(悪い細胞)を分解して正常な細胞として再利用する働きがあることを、大隅教授が解明しました。

それでは断食(ファスティング)には、どんな効果があるのか?体が楽になる理由を解説していきます。

断食の効果とは?体が楽になる理由

体が楽になる私たちは一般的に1日3食、食べるのが健康的と言われていますよね。

特に私が子供のころの昭和の時代は1日3食は当たり前で、断食や1日1食の少食をしてるなんで聞いたことがありませんでした。

しかし最近では断食(ファスティング)や1日1食の少食に関する書籍が多く出版されて、少食や断食を実践したり断食(ファスティング)について知っている人が増えてきています。

なぜ断食(ファスティング)をすると体が楽になるのか?それは1日3食、しっかりと食事を摂ってしまうと膨大なエネルギーが食べ物の消化のために使われて、胃や腸、腎臓、肝臓、すい臓などの内臓に大きな負担をかけてしまいます。

断食(ファスティング)をすることで日頃、負担がかかっている内臓を休めることができます。

また体の細胞を修復したり、体内の毒素を排出してくれる代謝酵素が活性化されます。

つまり断食(ファスティング)をすることで消化酵素の消費が抑えれて、代謝酵素の働きがよくなり自然治癒力が高まります。

私たちはお腹がいっぱいになるまで食べたり、暴飲暴食をすることで消化酵素を無駄に浪費してしまい代謝酵素の働きを抑制してしまってます。

また現代の日本では消化酵素を浪費する肉中心の食生活や石油が原料の食品添加物、環境ホルモンなどの有害物質が含まれている食品を多く摂取しているため体に毒素が溜まりやすくなっています。

そのため定期的に断食(ファスティング)して体をリセットしてデトックスする必要があります。

それでは断食をしてリセットすると体にどのような効果があるのか紹介します。

腸内環境をキレイに保つ

腸内環境をキレイに保つ

断食(ファスティング)を定期的に実践するとキレイな腸内環境を保つことができます。

断食(ファスティング)をすることで代謝酵素が活性化されて腸に溜まった老廃物や食べかすなどをキレイに外に排出してくれます。

「腸は第二の脳」と言われていて腸内環境をキレイな状態に保つとセロトニン(別名ハッピーホルモン・幸せホルモン)の分泌が良くなり気持ちがポジティブになります。

朝の目覚めが良くなり体が軽くなる

目覚めが良くなる

30歳を過ぎたあたりから、朝の目覚めが悪い、体が重いという方は多いのではないでしょうか?

30歳を過ぎたあたりから基礎代謝が悪くなってきます。

それに加えて偏った食生活や暴飲暴食などをしていると腸内環境が悪くなり血液がドロドロになってしまいます。

断食(ファスティング)をすることで腸内環境をキレイに保ち、血液もサラサラになり朝の目覚めがよくなります。

肌荒れを防ぎキレイな肌を維持する

キレイな肌を維持

「肌は腸の鏡」と言われているように、断食(ファスティング)をすることで腸内環境が整うのでキレイな肌を維持することができます。

また断食(ファスティング)はサーチュイン遺伝子(別名長寿遺伝子)を活性化する効果があります。

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)はカロリー制限をすると活性化することがわかっており肌の老化を遅らせることができます。

もちろんキレイな肌を維持するためには、断食(ファスティング)だけではなく普段の食生活に気を付けることも大切です。

特にオススメなのが果物(フルーツ)です。

果物はビタミンやミネラルなど栄養豊富な上に消化にエネルギーを使いません。

なので細胞を修復する代謝酵素を活性化するにはもってこいの食品になります。

注意ポイント

例外としてバナナは消化にエネルギーを使い食べ過ぎると太りやすくなります。

肩こり、膝の痛み、腰痛が良くなる

関節痛が良くなる。

私の体験談ですが断食(ファスティング)をするまでは肩、腰、膝に痛みがあり身体の調子が良くありませんでした。

特に仕事帰りに電車の中で立ってると腰が痛くてたまりませんでした。

しかし3日間の酵素断食と5日間の酵素断食を2ヵ月かけて月に1度ほど実践したころ、肩のはり、腰痛、膝の痛みがなくなりました。

ダイエット目的で酵素断食をしたのですが、まさか腰の痛みがなくなるとは予想外の効果だっだので得した気分でした。

まとめ

断食(ファスティング)の効果

  • 腸内環境をキレイに保つ
  • 朝の目覚めが良くなり体が軽くなる
  • キレイな肌を保つ
  • 肩のはり、腰痛、膝の痛みが和らぐ

このように断食(ファスティング)をすることで体調が良くなり体が楽になります。

病気じゃないけど体調がすぐれない、目覚めが悪い、またはダイエットしたいという方は断食(ファスティング)に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

-断食(ファスティング)

Copyright© 30代からの断食(ファスティング)入門|元気・健康・若さのために , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.