酵素ドリンクの優光泉(ゆうこうせん)で花粉症対策する方法とは?

酵素ドリンクの優光泉(ゆうこうせん)で花粉症対策する方法とは?

 

暖かくなる春先の時期、花粉症に悩まされる人が多いのではないでしょうか?

花粉症になると、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が、日常生活にも悪影響を及ぼします。

 

  • 「鼻水や鼻づまりが気になって寝つきが悪い」
  • 「目のかゆみやくしゃみで物事に集中できない」
  • 「気分がイライラしてしまう」

 

健康オタクのTAKATOSHI
私も春先になると花粉症で悩まされていたので、辛かった時期があります。

しかし、あることがきっかけで花粉症の症状がでなくなりました。

そのきっかけとは酵素ドリンクの優光泉(ゆうこうせん)を使ったファスティング(断食)です。

 

では、なぜ酵素ドリンクの優光泉酵素でファスティング(断食)をすると花粉症対策になるのか?その理由と花粉症になる原因を解説します。

 

優光泉酵素でファスティング(断食)すると花粉症対策になる3つの理由

優光泉酵素でファスティング(断食)すると花粉症対策になる3つの理由

 

1.ファスティング(断食)は腸内環境を整える

断食(ファスティング)は腸内環境を整える

 

最近の研究では腸内環境の乱れと花粉症に、密接な関係があることが指摘されています。

免疫細胞の70%が腸に存在しているため、腸内環境を正常な状態に保つことが大切になります。

栄養バランスの偏った食事や暴飲暴食が習慣になると、腸内環境が悪玉菌、優勢になります。

腸内に悪玉菌が増えると腸内環境が乱れ、免疫力が低下します。

その結果、体外から吸い込んだスギ花粉を除去する免疫力がなくなり、花粉症が発症してしまうことになります。

そこで、ファスティング(断食)を実践することで乱れた腸内環境を整えることができます。

食事を断って消化エネルギー(消化酵素)を抑えると、自然治癒力(代謝酵素)を活性化することができます。

代謝酵素は体内で以下のような働きをします。

 

代謝酵素の働き

  • 身体の細胞の炎症を修復する
  • 免疫力を強くする
  • 身体に蓄積した有害な老廃物を汗や尿から排出する
  • 吸収した栄養素を身体のすみずみまで届ける

 

このようにファスティング(断食)を行うことで、体内の免疫力が強化され花粉に反応にしない体質になれます。

 

健康オタクのTAKATOSHI
私も以前はハウスダストや花粉症で咳やくしゃみ、目のかゆみに悩まされていました。

体調不良がきっかけで始めたファスティング(断食)ですが、身体が元気になったついでに花粉症も発症しなくなりました。

いろいろ本で調べた結果、腸内環境の乱れとハウスダストや花粉症などのアレルギーには、密接な因果関係があることがわかりました。

 

ファスティング(断食)は内臓を休息させる

 

ファスティング(断食)は消化・分解で酷使された内臓を休息させるメリットがあります。

内臓を休息させることで、胃や腸の炎症がおさまり、花粉症に強い免疫力をつけることができます。

現代の日本はかつてないほどの飽食の時代と言われています。

美味しいものを気軽に食べれるようになった一方でさまざまなアレルギーや病気で悩む人が増えています。

近年、増加傾向にある花粉症もその一つではないでしょうか。

高脂肪、高タンパク、高精製、高糖質などの食べ物は、消化・分解にエネルギーを消耗し、内臓にも負担をかけています。

その上、年齢を重ねると内臓の機能は衰えるので、ますます消化器官に負担がかかります。

その結果、あなたの内臓は休みなく消化・分解・吸収・排泄を繰り返し、キャパオーバーで悲鳴をあげています。

食べ物1600カロリーを消化するエネルギーは、フルマラソンで使うエネルギー相当すると言われています。

休みなく走り続けていたら、身体を壊すのは当然ですよね。

それと同様にファスティング(断食)をして、内臓にも休息を与える必要があります。

 

優光泉(ゆうこうせん)はファスティング(断食)をするのに最適なドリンク

 

酵素ドリンクの優光泉(ゆうこうせん)酵素はファスティング(断食)をするのに最適なドリンクです。

それにはいくつかの理由があります。

1つめの理由は「国内産(90%が九州産)の野菜、果物、野草、穀物、海藻類など60種類の原材料で作られている」からです。

そのため、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などが摂取できるので、自宅で一人でも安全にファステイング(断食)に取り組めます。

優光泉(ゆうこうせん)酵素の詳しい原材料については下記の記事を併せてご覧ください。

 

 

2つの理由が「優光泉(ゆうこうせん)酵素は3ヵ月間、発酵・熟成して作られていて酵母菌が存在していいる」からです。

優光泉酵素1㏄あたり数百万の酵母菌が存在していて、酵母菌は腸内で善玉菌として働き悪玉菌を抑制する働きがあるので、腸内環境を健康な状態に保ちます。

つまり、酵母菌(善玉菌)が活性化している優光泉酵素を飲みながらファスティング(断食)をすることで、花粉症に強い腸内環境に保つことができるということです。

3つの理由が「発酵・熟成によって低分子化されているため、消化酵素を節約しながらビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養補給できる」からです。

ファスティング(断食)の目的は消化酵素を抑えて、代謝酵素(自然治癒力)を活性化させることなので、低分子化された優光泉(ゆうこうせん)はファスティング(断食)をするのに最適なドリンクです。

4つめの理由は「優光泉酵素は、水割りでペットボトルに入れて手軽に持ち歩ける」です。

多くの人が普段、食事をするのが当たり前になっているので、初めてファスティング(断食)をすると個人差がありますが、空腹感があると思います。

 

健康オタクのTAKATOSHI
私も初めてファスティング(断食)を実践したときは、胃酸がドバドバでてる感じがして、空腹感がありました。

 

そんなとき優光泉酵素は手軽に水割りができてペットボトルで持ち歩けます。

そのお蔭で空腹を感じたらいつでもすぐ飲めるので、ファスティング(断食)を継続できる助けになります。

一方でジューサーで作る野菜スムージーだと手間がかかるし、すぐに飲まないと酸化してしまいます。

ですから、発酵飲料の優光泉酵素はファスティング(断食)にピッタリのドリンクです。

優光泉(ゆうこうせん)酵素がファスティング(断食)に最適な理由をまとめると以下になります。

 

優光泉のメリットまとめ

  • 60種類の野菜、果物などから作られているので、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など必要な栄養素を補給できる
  • 3ヵ月間の発酵・熟成で腸内で善玉菌になる酵母菌が1㏄に数百万、存在しているので、健康な腸内環境を保てる
  • 発酵・熟成で低分子化しているので、消化酵素の浪費を防ぎ、代謝酵素を活性化させる
  • 水割りで簡単に作れて、持ち運びもペットボトルに入れるだけなので、空腹時にすぐに補給できる

 

もし、あなたが花粉症で悩んでいて花粉症対策をしたいならば、優光泉酵素でファスティング(断食)にチャレンジしてみてはいががでしょうか?

ファスティング(断食)に抵抗がある人は、1食や2食を抜く置き換えダイエットから始めるのがお勧めです。

 

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素に関する詳しい情報は、下記の記事を参考にしてみてくだい。

 

 

花粉症の原因と日常的な対策

花粉症の原因と対策

 

 

ファスティング(断食)をして一時的に腸内環境が整い、花粉症が発症しなくなったとしても、花粉症の根本原因と日常的な対策をあなたが知らなければ、また花粉症が発症してしまいます。

ですから、最後に花粉症の根本原因と日常的な対策をご紹介します。

 

花粉症の原因はリーキーガット症候群

リーキーガット症候群

 

花粉症はリーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)が原因であると言われています。

リーキーガットとはleaky(漏れやすい)とgut(腸)という言葉があわさり、 日本語だと「漏れやすい腸」と訳します。

リーキーガット症候群の症状は腸が炎症して穴があき、そこから未消化の食べ物や有害な毒素、細菌類などが血液に流れてしまう症状です。

血液に流れた未消化の食べ物の毒素や細菌類は、異物と判断され白血球から攻撃を受けます。

白血球の攻撃が皮膚内部の血管で起これば肌荒れやニキビの原因になり、鼻周辺で起こればアレルギー性鼻炎や花粉症の原因になってしまいます。

リーキーガット症候群になる原因は、過度のストレス、睡眠不足、抗生物質など薬の服用、偏った食生活や暴飲暴食からくる腸内環境の乱れが考えられています。

その中でもパンやパスタ、お菓子などに使われる小麦や牛乳、乳製品の摂りすぎが問題視されています。

小麦には「グルテン」、牛乳や乳製品には「カゼイン」というタンパク質が含まれています。

これら2つのタンパク質は人間にとって消化困難なため、慢性的に摂りすぎると腸が炎症し穴を開けてしまいます。

また、グルテンやカゼインには麻薬のような中毒性があり、常習的に食べたくなる特徴もあります。

そのため、無意識に毎日、食べていると気づかぬうちに「リーキーガット症候群」なっていることもあります。

 

健康オタクのTAKATOSHI
例えば、私の個人的な体験談を述べると学生時代に身長を伸ばすために、牛乳を1日1リットル飲んでいました。

すると背中、お尻、胸に大量のニキビができ、醜い肌に・・・(汗)

また、パンやラーメンなどにハマって良く食べていた時期は、花粉症やハウスダストに反応するようになり、頻繁にくしゃみや咳、目のかゆみの症状がありました。

ところが、ファスティング(断食)を定期的に行ったり、牛乳や小麦が使われる食べ物を控えたり、サウナや有酸素運動で汗を流したりしたら徐々に、これらの症状がなくなりました。

しかも、個人的な現象ですが白髪が増えなくなり、白髪が焦げ茶色に変色した部分もあります。

ちなみにパンは完全に食べるのをやめました。

なぜなら、パンには小麦以外にもマーガリン(トランス脂肪酸)や砂糖、食品添加物など、体によくない成分が多く含まれているからです。

 

花粉症の日常の対策は食生活

野菜や果物

 

花粉症に強くなる体質になるには食生活に気をつけて、「リーキーガット症候群」を予防する必要があります。

控えめにする食品と積極的に摂る食品は以下になります。

 

控えめにする食品

  • 高度に精製された白米、小麦、白砂糖で作られた食品
  • 肉、魚、牛乳・乳製品、卵などの動物性タンパク質
  • 揚げ物やマーガリンなどトランス脂肪酸が使われてる食品
  • 食品添加物が多く含まれている加工食品

 

これらの食品を食べる量が増えると腸管の腸粘膜に炎症を起こし、「リーキーガット症候群」の原因になります。

また、腸内環境の悪玉菌が増え体調不良になるリスクが高まるので、控えめに食べるようにしましょう。

一方で、積極的に食べたほうが良い食品は以下になります。

 

積極的に食べる食品

  • 生野菜、果物
  • キノコ類、海藻類
  • 豆類、ナッツ類
  • 発酵食品

 

これらの食品には人間が健康状態を保つために必要な栄養素が含まれています。

その栄養素とはビタミン、ミネラル、アミノ酸、ファイトケミカル、食物繊維、食物酵素、オメガ3脂肪酸、乳酸菌、麹菌、酵母菌などです。

これらの植物性食品は腸内環境を健康な状態に保ち免疫力を強化し、花粉症に強い体質にしてくれます。

 

まとめ

 

今回は「優光泉(ゆうこうせん)酵素で花粉症対策する方法」について解説しました。

繰り返しになりますが花粉症対策の結論は「乱れた腸内環境を整える、そして腸内環境を健康に保つ」です。

そのためには上記で紹介した悪玉菌のエサになる食品を控えめにし、善玉菌のエサになる食品を積極的に摂りましょう。

とはいえ、美味しい料理を食べるのも、生きる上での楽しみの1つですよね。

 

健康オタクのTAKATOSHI
私も体に悪いと分かっていても、どうしても止められない食べ物があります。

ですから、栄養が偏りすぎてると感じたら優光泉(ゆうこうせん)酵素でファスティング(断食)をして、体内の浄化・解毒作用を促進するようにしましょう。

花粉症対策には「腸内環境」の状態を意識することが大切です。

 

-優光泉(ゆうこうせん)
-, , ,

© 2020 30代からの断食(ファスティング)入門|元気・健康・若さのために Powered by AFFINGER5