優光泉(ゆうこうせん)

優光泉(ゆうこうせん)酵素で痩せたファスティングのやり方とは?

2022年11月8日

優光泉(ゆうこうせ)酵素で痩せたファスティング(断食)のやり方

 

ニャ~ゴロ

これから優光泉(ゆうこうせん)酵素を使ってファスティング(断食)ダイエットをしようと思っています。

でも、ダイエットで失敗したくありません。

なので、酵素ファスティングで痩せたやり方を教えてください。

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 優光泉(ゆうこうせん)酵素を使ったファスティング(断食)が必要な3つの理由
  • 優光泉酵素を使ったファスティング(断食)の正しいやり方
  • 優光泉酵素で痩せたファスティング(断食)のやり方 コツ5つ
  • 優光泉酵素でファスティング(断食)をやる際の注意点

 

本記事の執筆者

シュン

30代後半で体調不良になりファスティング(断食)をやってみることに・・・

おかげで、健康を取り戻し9キロのダイエットにも成功。

それから4年以上、優光泉酵素を飲みつつ健康状態をキープしています。

 

本記事を読んで実践すれば、ダイエットに成功する確率がグンと高まるでしょう。

それと同時に健康面、美容面でも効果が期待できます。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素でビタミン・ミネラルなどの必須栄養素を補給しながらファスティング(断食)やダイエットをすることで、やつれることなく美しく健康的に痩せれることができます。

そんな優光泉酵素をお得に買う方法は、>>優光泉(ゆうこうせん)酵素の最安値販売店は?安く買う方法とは?にてご紹介していますので、参考にしてみてください。

関連記事
優光泉(ゆうこうせん)酵素の最安値販売店をご紹介
優光泉(ゆうこうせん)酵素の最安値販売店は?安く買う方法とは?

続きを見る

もくじ

優光泉(ゆうこうせん)酵素を使ったファスティング(断食)が必要な3つの理由

優光泉(ゆうこうせん)酵素で行うファステイング(断食)が必要な理由

 

優光泉酵素を使ったファスティング(断食)が必要な理由は以下の3つになります。

 

  • ①:美味しい食べ物に囲まれた環境にあるので食べすぎてしまう
  • ②:現代の日本は有害物質を摂取しやすい環境にある
  • ③:ファスティング(断食)を無理なく安全に行うには優光泉酵素が必要

 

①:美味しい食べ物に囲まれた環境にあるので食べすぎてしまう

 

現代の日本は飽食の時代と言われており、食べ物に困ることがありません。

 

しかも味、食感、匂い、見た目などレベルが高く、癖になる美味しい食べ物であふれています。

 

美味しい食べ物とは

カレーライス、ラーメン、うどん、カツ丼、トンカツ、親子丼、焼き鳥、寿司、焼き肉、ステーキ、ピザ、グラタン、パスタ料理、フライドチキン、しゃぶしゃぶ、カップラーメン、コンビニのスイーツ、シュークリーム、カフェラテ、ポテチ、チョコレート、クッキー、アイスクリーム、ケーキ、菓子パン

 

このように美味しい食べ物を挙げたらきりがありません。

 

しかし、これらの食べ物は、高糖質、高塩分、高脂質、高カロリーな上に、ビタミンやミネラル、食物繊維などの健康を維持する栄養素がほぼありません。

 

こうしたカロリーだけ高く栄養素が空の食品をエンプティカロリー食品と呼ばれています。

 

したがって、食べすぎると代謝が悪くなり体内に毒素が徐々に蓄積していきます…。

すると細胞が炎症し老化の促進や病気の原因になってしまうのです。

 

しかも、歳を重ねるにつれて新陳代謝が悪くりなり体内の解毒・浄化機能(オートファジー)も衰えるので、老化や病気のリスクは高まっていきます。

 

②:現代の日本は有害物質を摂取しやすい環境にある

 

また、現代の日本は有害物質を摂取しやすい環境にあります。

 

  • 環境汚染、大気汚染、水質汚染、環境ホルモン
  • 食品添加物、トランス脂肪酸
  • 残留農薬、合成洗剤、シャンプーに含まれる合成界面活性剤

 

便利な環境や商品が手に入るようになった一方で、私たちは有害化学物質を取り込みやすい環境に住んでいます。

 

そこで、体内の蓄積された有害物質を効果的にデトックスする方法が酵素ファスティング(断食)なのです。

 

ファスティング(断食)で食を断つことで、消化エネルギーが体内を解毒・浄化するエネルギーに使い回せるのです。

 

すると、自己治癒力が高まり細胞の炎症が修復され、老化を遅らせたり病気を予防したりします。

 

③:優光泉酵素を飲めば無理なく安全にファスティング(断食)ができる

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素を飲めば、無理なく安全にファスティング(断食)ができる理由は以下の2点です。

 

  • 国産60種類の野菜・果物・野草などを熟成・発酵して作られているので栄養素が豊富
  • 優光泉酵素を飲むと空腹感が和らぐので、無理なくファスティング(断食)に取りくめる

 

このように優光泉(ゆうこうせん)酵素がサポートの役割を果たすので自宅で無理なく安全にファスティング(断食)が実践できます。

 

ですから、断食道場に行く暇のない人には酵素ファスティング(断食)はおすすめです。

 

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素を使ったファスティング(断食)の正しいやり方

優光泉(ゆうこうせん)を使ったファステイング(断食)の正しいやり方

 

優光泉酵素を使ったファスティング(断食)の正しいやり方を解説しています。

 

ファスティング(断食)の正しいやり方とは、以下の3つのステップに分けて行います。

 

  • ステップ①:準備期・・・準備食を食べて過ごす期間
  • ステップ②:断食期・・・固形物を食べないで酵素ドリンクを飲んで過ごす期間
  • ステップ③:復食期・・・回復食を食べ過ごす期間

 

上記3つのステップを踏むことで、安全かつ効果的にファスティング(断食)に取り組めます。

 

では、準備期、断食期、復食期の順番で具体的に解説していきたいと思います。

 

ステップ①:準備期・・・準備食とは?「ま・ご・わ・や・さ・し・い」を食べる

 

ファスティング(断食)前の準備期とは、ファスティングを行うためのカラダを整える準備期間のことです。

 

例えば、スポーツをする前は、準備運動をしてケガをしないようにカラダを温めますよね。

 

それと同じように準備食では、栄養バランスの良い食事を摂って、健康なカラダに整えてファスティング(断食)を行います。

 

準備期間を取ることによって、ファスティング(断食)中に

 

  • 空腹感が軽減する
  • 頭痛やだるさなどの好転反応の症状が和らぐ

 

こうした効果が期待でき、無理なく安全にファスティング期間を過ごせるのです。

 

ファスティング(断食)前の準備食で推奨されているのが、「ま・ご・わ・や・さ・し・い」です。

 

まごはやさしい

  • ま:まめ(豆類)・・・大豆、納豆、味噌、豆腐
  • ご:ごま(種実類)・・・ごま、ナッツ(アーモンド、カシューナッツ、くるみ)
  • わ:わかめ(海藻類)・・・わかめ、ひじき、のり
  • や:やさい(野菜類)・・・緑黄色野菜、淡色野菜、根菜
  • さ:さかな(魚介類)・・・青魚、白身魚、しらす
  • し:しいたけ(きのこ類)・・・舞茸、しいたけ、えのき
  • い:いも(イモ類)・・・じゃがいも、里芋、長芋

 

これらの食品は、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランス良く摂れるので、準備食にはおすすめです。

 

また、「ま・ご・わ・や・さ・し・い」以外にもおすすめの食品が3つあります。

 

  • 発芽玄米・・・白米のように柔らかくて、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。白米と違い血糖値の急上昇がないので、血管にダメージを与えない上に、脂肪がつきにくダイエット食。
  • フルーツ・・・ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル(抗酸化物質)、食物酵素が豊富。消化に負担をかけないから内臓にやさしい老化予防の食品
  • 漬物(発酵食品)・・・熟成・発酵によりビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富な上に酵母菌などが腸内フローラの善玉菌のエサになる

 

上記、3つの食品は栄養素が豊富な上にカラダにやさしい食材なので、準備食・回復食やダイエットにはおすすめです。

 

発芽玄米を食べた経験がない方は、ファンケルの発芽玄米がお得にお試しできます。▼

>>【ファンケル】通販限定!発芽米お試しセット780円!500g増量中!

 

発芽玄米について詳しく知りたい方は、>>通販で人気の無農薬・無化学肥料の玄米おすすめ15選をご紹介!にて詳しく解説してますので、ご覧ください。

 

ファスティング(断食)前の期間はどれくらいの期間を摂ればいいのでしょうか。

 

例えば、3日間のファスティング(断食)をするなら、3日間の準備期間を摂るのが理想です。

ただ、日常的に健康的な食生活をしている方、逆に日頃の食生活が乱れている方によって準備食の期間はケースバイケースです。

ですから、準備食の期間は、あなたの食生活の状況をみて1日~1週間の範囲で選択しましょう。

 

ステップ②:ファスティング(断食)期・・・プログラムは3種類

 

ファスティング(断食)にはショートファスティングからロングファスティングまで、さまざまな種類があります。

 

ここでは、大きく分けて3種類のプログラムに絞って、ファスティング(断食)のやり方を解説していきます。

 

  • 置き換えダイエット(16時間断食や1日1食)
  • 1日ファスティング(断食)
  • 3日間ファスティング(断食)

 

置き換えダイエットのやり方

 

1食置き換えダイエットは、16時間断食や16時間ダイエットとも呼ばれていています。

 

16時間断食は寝る時間8時間を含めれば食べない時間は8時間だけなので、気軽に始められて多くの方が実践されています。

 

置き換えダイエットに以下の2種類あります。

 

1食置き換えダイエット(16時間断食)・・・朝・昼・晩の中で1食を優光泉酵素に置き換える

2食置き換えダイエット(1日1食)・・・朝・昼・晩の中で2食を優光泉酵素に置き換える

 

1食あたりに優光泉(ゆうこうせん)酵素を飲む目安量は、40ccを4倍~6倍に水か炭酸水で希釈して飲みます。

あくまでも目安なので、あなたに合う量や薄め方で飲んでみてください。

シュン

ちなみには私の場合は、酵素ドリンク40ccを9倍~10倍で希釈して飲んでいます。

9倍~10倍で希釈するとジュースのような甘さで美味しく飲めます。

4倍~6倍に薄めて飲むと味が濃すぎる感じがします。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素の飲み方にはついては、>>優光泉(ゆうこうせん)酵素の飲み方とは?割り方・1日の量も紹介にて解説しているので、チェックしていみてください。優光泉酵素を美味しく飲むアレンジ方法なども紹介しています。

 

 

1日ファスティング(断食)のやり方

 

1日ファスティング(断食)のやり方は以下になります。

 

  • 準備期:準備食を1日食べる
  • 断食期:固形物を食べないで水や酵素を飲んで過ごす(塩分補給は、味噌汁、梅干し、天然塩)
  • 回復食を1日食べる

 

1日ファスティング(断食)の実践をおすすめするケースは、暴飲暴食してしまったあとの調整や週末など時間に余裕がある日などです。

1日ファスティング(断食)も定期的に実践すれば、胃が小さくなりダイエット効果が期待できます。

 

置き換えダイエットと合わせて行うと、よりダイエット効果や健康・美容効果が高まるでしょう。

 

3日間ファスティング(断食)のやり方

 

3日間ファスティング(断食)のやり方は以下になります。

 

  • 準備期:1日~3日間、準備食を食べる
  • 断食期:固形物を食べないで優光泉酵素を飲んで過ごす
  • 復食期:2日~4日間、回復食を食べる

 

※ファスティング(断食)中の好転反応について

3日間のファスティング(断食)では、1日目~2日目以降に好転反応という症状が起こる場合があります。

好転反応の主な症状は、頭痛、眠気、気だるさ、イライラ、肌荒れなどです。

好転反応の症状がヒドイ人は、高熱や吐き気をもよおす人もいます。

ファスティング(断食)中に好転反応が起こる理由は、体内(主に脂肪細胞)に蓄積された毒素が分解されて、体外に排出される過程で一時的に血管の中を汚い血液が流れるからです。

ですから、日ごろの食生活が乱れている人ほど、好転反応の症状がひどくなります。

ファスティング(断食)をして体内に蓄積された毒素がデトックスされれば、細胞が一新され健康なカラダを取り戻せるのです。

ただ、ファスティング中の好転反応がひどい場合は、ファスティング(断食)を中止して回復食を食べるようにしましょう。

 

ステップ③:復食期・・・回復食を食べる

 

ファスティング(断食)後の復食期では回復食を食べます。

 

ファスティング後に回復食を食べる理由は以下の3つになります。

 

回復食を食べる理由3つ

  • 内臓が休息していたので、ビックリさせないため
  • 胃が小さくなっているので、胃に負担をかけないため
  • 栄養の吸収力が高っているので、リバウンドしないように

 

 

このようにリバウンドの防止や内臓に負担をかけないためにも、復食期は大切な期間になります。

 

復食期の回復食1日目におすすめの食べ物は以下になります。

 

  • 発芽玄米のお粥・・・白米のように柔らかくビタミン、ミネラル、食物繊維。食べても血糖値の急上昇が起こらないため脂肪細胞がつかない
  • スッキリ大根・・・大根を短冊切りにして昆布だしで煮込んだで梅干しを添えた汁。排便効果がある
  • フルーツ・・・ビタミン、ミネラル、食物繊維、食物酵素、ファイトケミカルなど栄養素が豊富。内臓に負担がかからないので回復食にはピッタリな食品
  • 生野菜・・・フルーツと同じ理由
  • 柔らかく野菜を煮込んだ味噌汁・・・良く煮込めば消化によく食物繊維が豊富で塩分も摂れる
  • 優光泉(ゆうこうせん)酵素・・・食べすぎないための食欲コントロールに回復食にも使える

 

回復食1日目は、栄養があり消化にいい食品を、良く噛んで(1口30回以上)食べるようにしましょう。

 

回復食2日目からは「まごわやさしい」を腹8分目で食べるようにしましょう。

 

動物性タンパク質は、消化に悪く内臓に負担がかかるので、3日目から少しずつ良く噛んで食べることが大切です。

シュン

回復食1日目は、食事をするとお腹が痛くなったり排便の回数が増える可能性があります。

ですから、ファスティング(断食)をするなら、回復食1日目が休日になるように調整することをおすすめします。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素で行う痩せたファスティング(断食)のやり方 5つのコツ

優光泉(ゆうこうせん)酵素で痩せたファスティング(断食)のやりかコツ5つ

 

私は優光泉(ゆうこうせん)酵素でファスティング(断食)や1日1食、16時間断食などの食事制限ダイエットをして7カ月6.4キロのダイエットに成功しました。

 

酵素ファスティング(断食)のビフォーアフター

 

ここでは、酵素ファスティング(断食)で痩せたやり方のコツ5つをご紹介します。その5つのコツをは以下の通りです。

 

  • ①:ダイエット中の記録や日記をつける
  • ②:軽い有酸素運動を取り入れれる(ランニングやウォーキング)
  • ③:ローフード(生の食べ物)を意識して食べる
  • ④:食べると太る好きな食べ物をやめない
  • ⑤:中・長期的にダイエットに取り組む

 

このように当たり前のような項目を挙げましたが、ダイエットに魔法はありません。

 

①:ダイエット中の記録や日記をつける

 

ファスティング(断食)ダイエットで痩せたコツ1つ目は、ダイエット中の記録をつけることです。

 

ダイエットの記録をつけると自分の行動パターンが客観的に把握でき、行動を修正ができるからです。

 

ダイエット中に記録する項目は以下になりす。

  • 朝起きた時間
  • 朝起きたときの体重
  • 朝・昼・晩の食べた時間と食べたメニュー
  • 運動した内容
  • 1日の感想
  • 夜寝る時間

 

このようにあなたの行動パターンを具体的に記録することで、自分の行動を改善しやすくなります。

その結果、あなたの理想とする体型に近づく可能性が高まるでしょう。

 

②:軽い有酸素運動を取り入れる

 

ファスティング(断食)で痩せたコツ2つ目は、軽い有酸素運動を取り入れることです。

 

軽い有酸素運動とは、息の上がらない程度のランニングやウォーキング、水泳のことです。

 

軽い有酸素運動の効果が以下になります。

  • 全身に筋肉がつきカラダが引き締まるので、美しいボディラインが実現できる
  • スタミナがすきより健康的にダイエットができる
  • スムーズにダイエットができる
  • 汗が大量にでるのでデトックス効果が得られる

 

このように有酸素運動はダイエットだけでなく、健康、美容にも効果を発揮します。

 

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動を継続するコツは以下になります。

  • 始めはダイエット目的ではなく、カラダを作りこむ目的で始める
  • 小さい目標から始める(私の場合は週5日間300mランニングをするでした)
  • 運動するカラダができてきたら、徐々に目標を高くする
  • やる気がある日、やる気がない日があるので、そのときの気分に合わせてメニューを変える

 

短期間で大きな成果をだそうとしたり、大きな目標を設定すると理想と現実のギャップを目の当たりにして挫折してしまうでしょう。

 

また、有酸素運動したあとの注意点があります。

シュン

私もよくやってた失敗なんですが、運動をしたあとに食べすぎてしまうことです。

例えば、今日は5キロ走ったから、少しぐらい食べても大丈夫だろうと思うことです。

「シュークリームにカップラーメン、とんかつに唐揚げでも食べよう」と思って食べると体重が増えているというパターンがあります。

つまり、有酸素運動と食事制限を合わせないと体重が減っていかないのが現実です。

そこで、健康的にダイエットするには発酵飲料で低カロリーかつ栄養素たっぷりの優光泉酵素が役立ちます。

 

③:ローフード(生の食べ物)を意識して食べる

 

ファスティング(断食)ダイエットで痩せたコツ3つ目は、ローフドを意識して食べることです。

 

ローフードとは生の食べ物です。つまり未加工、未精製の食べ物のことです。

 

ローフードを挙げると以下になります。

  • 生野菜:レタス、きゅうり、にんじん、きゃべつ、大根、ねぎetc.
  • フルーツ:スイカ、梨、柿、ぶどう、りんご、キウイ、アボカド、バナナ(食べすぎ注意)
  • ナッツ類:カシューナッツ、クルミ、ピスタチオ、アーモンド
  • 発酵食品:漬物、納豆、ピクルス、味噌、麹、酢
  • 玄米

 

これらのローフードにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、ファイトケミカル(抗酸化物質)、食物繊維、食物酵素などが豊富に含まれています。

 

ですから、ローフード(生の食べ物)を意識して食べるようにすると、健康的で老けないダイエットができるのです。

 

④:食べると太る好きな食べ物をやめない

 

ファスティング(断食)ダイエットで痩せたコツ4つ目は、食べると太る好きな食べ物をやめないことです。

 

なぜなら、無理にやめようとするとストレスになり、その反動で食べすぎてしまうからです。

 

大抵、やめられない食べ物というのはカラダに悪く太りやすい食べ物ですよね。

 

ポテトチップス、チョコレート、クッキー、シュークリーム、カップラーメン、などたくさんあります。

 

やめられなくなる理由は、味や食感など食べると脳から快楽物質が大量に分泌されるからです。

 

例えていうならやめられない食べ物を食べると、脳が麻薬中毒者と同じような反応を示すのです。

 

ですから、無理して止めるのではなく食べる量や回数を減らすなどして、ご褒美的な感覚で食べるようにしましょう。

 

そのためにもダイエット日記をつけることで、どれくらい食べると太るのかを把握できるようになります。

 

シュン

私もカフェラテが好きなんですが、なかなかやめられません。

飲み過ぎないように気をつけながら飲んでいます。

また白砂糖を黒砂糖やココナッツシュガーに変えてみたりと、少しでもカラダに負担がかかないように工夫もしています。

 

中・長期的にダイエットに取り組む

 

ファスティング(断食)ダイエットで痩せたコツ5つ目は中・長期的にダイエットに取り組むことです。

 

中・長期の期間とは、3ヵ月~1年ぐらいの期間を目安にダイエットに取り組むことです。

 

もちろん、この期間よりも短期でダイエットができるのなら問題なく実行しましょう。

 

しかし、人間は急激な変化に適応するには、過度のストレスがかかり苦手とする傾向があります。

 

ダイエットを成功させるには、食生活の改善や運動習慣を身につけるなど行動の改善が必要になってきます。

 

ですから、中・長期的にダイエットに取り組むことで、変化へのストレスを最小限に抑えることができます。

 

さらに、時間をかけてダイエットに取り組むことでリバウンド防止にもなるのです。

 

シュン

実際に私も8ヵ月かけて9キロのダイエットに成功しました。

8カ月の過程でファスティング(断食)や16時間ダイエット、有酸素運動、食生活の見直しなど生活習慣を改善。

これを1ヵ月でやろうとしたら過度のストレスで挫折していたでしょう。

 

中・長期的にゆるく長くダイエットに取り組むメリットは以下にあります。

  • ストレスが最小限に抑えられるので、ストレスの反動が起こらない
  • 食生活、運動などの生活習慣がカラダに染み込む
  • 無理をしないので、健康的なダイエットができる

 

中・長期的なゆるく長くのダイエット法はメンタルにもカラダにもストレスフリーなのでリバウンド防止につながります。

 

ちなみに優光泉(ゆうこうせん)酵素は定期購入するとお得な価格で購入でき限定特典もあります。詳しくは、>>優光泉(ゆうこうせん)酵素の定期便購入と解約方法の手順とは?にてご紹介していますので、チェックしてみてください。

 

中・長期的にファスティン(断食)ダイエットや16時間ダイエットに取り組むなら優光泉酵素の定期便購入が最適な選択になります。

 

\定期コース初回30%OFF/

優光泉の公式サイトへ

※最大1万円の安心返金保証

 

酵素ファスティング(断食)を行う際の注意点3つ

酵素ファスティング(断食)の注意点

 

酵素ファスティング(断食)を行う際の注意点3つは以下になります。

 

水分は1日1.5ℓ~2.0ℓ飲むようにする

 

ファスティング(断食)中は、小まめに水分を補給するようにしましょう。

 

目安としては1日に1.5ℓ~2.0ℓ飲むことをおすすめします。

 

なぜなら、ファスティング(断食)中は、食品に含まれる水分などを補給できないからです。

 

また、水分を多く摂れば、新陳代謝も上がり、脂肪燃焼効果やデトックス効果も期待できるので、健康・美容にもメリットがります。

質のいい水にこだわりたいなら、30代の男女に人気のアルカリイオン水「温泉水」99がおすすめです。

 

温泉水99のお試しセットはこちら♪

 

女性は生理後にファスティング(断食)を行うのが適切なタイミング

 

女性がファスティング(断食)を行うなら生理後がおすすめです。

 

なぜなら、生理後1週間は、新陳代謝が良くなり精神的にも安定しているので、ダイエットに取り組みやすい時期だからです。

 

ですから、生理中のファスティング(断食)でのダイエットは避けるようにしましょう。

 

ファスティング(断食)を控えたほうが良い人

 

ファスティング(断食)を控えたほうが良い人は以下になります。

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 痩せすぎてる方:BMI18.5以下
  • 脳や心臓に持病のある方、過去に大きな病気をされた方(かかりつけの医師に相談してみてください)
  • 13歳以下もしくは65歳以上の方

 

上記に当てはまる方はファスティング(断食)ダイエットは控えるようにしましょう。

 

ただし、優光泉酵素はビタミン、ミネラルの爆弾といっても過言ではないくらい、栄養素がギュッーと凝縮しています。

 

ですから、健康・美容のための栄養ドリンクとしてならご利用いただけます。

 

まとめ:痩せたファスティングのやり方を実践して理想のスタイルを手にいれよう

 

今回は優光泉(ゆうこうせん)酵素で痩せたファスティング(断食)のやり方をテーマに解説しました。

 

最後に重要なポイントをおさらいしましょう。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素を使ったファスティング(断食)のプログラム3つ

  • 置き換えダイエット(16時間断食、1日1食)
  • 1日ファスティング(断食)
  • 3日間ファスティング(断食)

 

上記のプログラムを合わせて行うとダイエットや健康・美容に効果的です。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素で痩せたファスティング(断食)のコツ5つ

  • ①:ダイエット中の記録や日記をつける
  • ②:有酸素運動(ランニングやウォーキング)を行う
  • ③:ローフード(生の食べ物)を意識して食べる
  • ④:食べると太る好きな物はやめない
  • ⑤:中長期的にダイエットに取り組む

 

ファスティング(断食)ダイエットをしながら、上記5つのコツを実践するとダイエットに成功するでしょう。

 

ファスティング(断食)はダイエットだけではなく、健康や美容効果も期待できます。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素を使ったファスティング(断食)を生活習慣に取り入れれば次のような変化をもたらしてくれます。

 

  • 老けないダイエットができるので、肌の調子がキープできる(老け見え防止)
  • ベストコンディションを保てるので仕事のパフォーマンスがあがる
  • 自律神経が整うのでストレスに強くなる
  • スタミナがつくので、育児や遊ぶ体力に余裕がでる
  • 体調がいいと集中力がアップするので、勉強・仕事に集中できる
  • 健康的にダイエットできるので、周囲に好印象を与えられる
  • オシャレな洋服が似合うようになりファッションを楽しめる
  • 自分に自信がつき行動力がます
  • モテるようになるので、出会いの幅が広がる

 

このように日常生活でさまざまな変化をもたらしてくので、ぜひファスティング(断食)を試してみてください。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素を飲むことで、自宅で安全に無理なくファスティング(断食)や16時間ダイエットができます。

なぜかというと、優光泉酵素を飲むとビタミン・ミネラルなどの必須栄養素が簡単に摂取でき、空腹が和らぐからです。

そんな、優光泉(ゆうこうせん)酵素をお得に購入するには、優光泉(ゆうこうせん)酵素の最安値販売店は?安く買う方法とは?にて解説していますので、参考にしてみてください。

関連記事
優光泉(ゆうこうせん)酵素の最安値販売店をご紹介
優光泉(ゆうこうせん)酵素の最安値販売店は?安く買う方法とは?

続きを見る

 

なお、優光泉(ゆうこうせん)酵素について、もっと詳しく知りたい方は、>>優光泉(ゆうこうせん)酵素とは何ぞや?なぜファスティングに必要?をご覧ください。優光泉酵素についての情報をまとめた記事になっています。

優光泉(ゆうこうせん)酵素とは何ぞや?なぜファスティング(断食)に必要?
優光泉(ゆうこうせん)酵素とは何ぞや?なぜファスティングに必要?

続きを見る

 

-優光泉(ゆうこうせん)
-,