胃を小さくするにはファスティング(断食)やプチ断食がおすすめ!

胃を小さくするにはファスティング(断食)やプチ断食がおすすめ!

 

現代の日本では美味しい食べ物がコンビニ、スーパー、レストランなどにあふれています。

しかも、値段も手ごろだし食べると止まらなくなってしまうことも!

そのため、ついつい無駄に食べすぎてしまうことが多いのではないでしょうか?

 

  • 「食べすぎてしまうので、胃を小さくしたい」
  • 「胃を小さくしてダイエットをしたい」
  • 「健康のために胃を小さくして、食べすぎるのをやめたい」
  • 「胃を小さくして少食になりたい」

 

このように、あなたが胃を小さくしたいと望むのなら、ファスティング(断食)やプチ断食をおすすめします。

なぜなら、ファスティング(断食)やプチ断食には、胃を小さくすると、さまざまなメリットがあるからです。

今回はファスティング(断食)やプチ断食で胃を小さくするメリットをご紹介します。

 

プチ断食とは?

ちなみに、プチ断食とは1日3食の内、1食あるいは2食、抜く断食のことを言います。

半断食や置き換えダイエットとも呼ばれています。

 

ファスティング(断食)やプチ断食で胃を小さくする4つメリット

ファスティング(断食)やプチ断食で胃を小さくする4つのメリット

 

ファスティング(断食)やプチ断食で胃を小さくすると、4つのメリットがあるのでご紹介します。

 

胃を小さくすると少食になる

 

ファスティング(断食)やプチ断食(置き換えダイエット)を定期的に繰り返していると、胃が小さくなって少食になります。

 

健康オタクのTAKATOSHI
私も定期的にファステイング(断食)やプチ断食を繰り返していますが、胃が小さくなって少食になりました。

例えば今まででしたら、1日3食、食べれてたのが2食~1食半で十分に!

また、ラーメン屋でも野菜大盛の味噌ラーメンを全部食べれなくなりました。

おかけで体調不良がなくなり体が軽くなりました。

朝の目覚めも良くすぐに起きれます。

ファスティング(断食)をすることで、食べすぎは体に悪いことを改めて実感しています。

 

ファスティング(断食)の頻度については下記の記事を参考にしてください。

 

胃を小さくすると食費が浮く

 

あたりまえですが、胃を小さくして少食になると食費が浮きます。

 

健康オタクのTAKATOSHI
私の場合は以前、月の食費は6万ぐらい使ってました。

しかし、ファスティング(断食)で胃が小さくなってからは、月の食費は3万5千から4万に抑えれるようになりました。

ファスティング(断食)をしたことで、「少食になると健康になる」という価値観の変化もありました。

40代に入って実感したのは20代のような食べ方をすると、消化器官に負担がかかり体調不良になることです。

ですから、40代になりファスティング(断食)やプチ断食をして、少食になることの重要性を実感しています。

 

胃を小さくすると健康になる

胃を小さくする健康になる

 

ファスティング(断食)で胃を小さくして少食になると体が健康になります。

なぜなら、自然治癒力が高まるからです。

体内には消化酵素と代謝酵素が存在しています。

消化酵素と代謝酵素には密接な関係があり、消化酵素を抑えると代謝酵素が活性化します。

つまり、少食になると消化エネルギーが抑えられ、自然治癒(代謝酵素)が高まります。

その結果、健康な状態を保つことができます。

ポイント

古代ギリシャに医学の父と呼ばれたヒポクラテスは「あなたの体には100人の名医がいる」という言葉を残しています。

このヒポクラテスの言葉の名医とは代謝酵素(自然治癒力)を指しています。

ちなみに代謝酵素の働きは以下になります。

 

代謝酵素の働き

  • 体内の有害な毒素・老廃物を排出する
  • 炎症した細胞を修復する
  • 白血球が活性化し、免疫力が強化する
  • 吸収した栄養素を体の隅々に送る

 

代謝酵素には上記のような働きがあるため、少食になると健康が促進されます。

 

健康オタクのTAKATOSHI
私もファスティング(断食)をすることで自然治癒力(代謝酵素)の活性化を実感しました。

30代後半で四十肩で肩を痛め、さらに腰痛、膝痛、脇腹痛で最悪のコンディションでした。

ファスティング(断食)が健康に良いと本でよみ、3日間と5日間のファスティング(断食)に挑戦。

その結果、痛みがウソのようになくなりました。

また、ファスティング(断食)を体験して、体調不良の原因は食生活に問題があることに気がつきました。

30代後半なのに20代の感覚で高カロリー、高脂質、高糖質な食べ物を習慣的に食べいたので、私の内臓が悲鳴をあげていたのです。

 

胃を小さくすると体重の維持やダイエットを促す

ダイエット・体重の維持

 

ファスティング(断食)やプチ断食をして胃を小さくすると、体重の維持やダイエットを促します。

 

健康オタクのTAKATOSHI
私も月に1回ファスティング(断食)をして、8ヵ月間で8キロ減!

その結果、胃が小さくなり少食になりました。

 

注意ポイント

ただし、少食になって食事の量が減ってもチョコやアメ、ポテトチップスなど甘いお菓子や脂っこいお菓子を食べていると、体重が減りません。

私もお菓子にハマった時期がありますが、少食になっても体重が減らず逆に体重が増えました。

お菓子やジュース、カップラーメンなどのジャンクフードの食べすぎは健康やダイエットの大敵です。

 

安全にファステイング(断食)をして胃を小さくする具体的な3つの方法

 

ファスティング(断食)はやり方を間違えると危険な伴います。

ですから、安全にファステイング(断食)をして胃を小さくする具体的な方法をご紹介します。

 

1.果物、生野菜を多く摂る

1食や2食を抜くプチ断食(置き換えダイエット)をする場合は、果物や生野菜を多く摂ることをお勧めします。

なぜなら果物や生野菜は、ビタミン、ミネラル、糖質、アミノ酸、食物繊維、食物酵素、ファイトケミカル(抗酸化物質)など、人間に必要な栄養素がすべて含まれているからです。

ちなみに、果物を食べるのは1番初めに食べるようにしましょう。

果物の栄養素が直接、腸に吸収されるからです。

また、海藻類やキノコ類、ナッツ類(クルミ、アーモンド、カシューナッツなど)も併せて摂るのも良いでしょう。

ファステイング(断食)やプチ断食(置き換えダイエット)などの食事制限で体を壊す原因は、栄養のない食べ物で食事制限をするからです。

精製された白米やパン、パスタなどはカロリーはありますがビタミンやミネラルなどの栄養がありません。

コンビニやスーパーで売っているダイエットゼリーみたいなのは、砂糖の塊で栄養素がありません。

精製された白米や白砂糖は消化、分解するときに体内のビタミン、ミネラルを奪ってしまいます。

ですから、栄養素が豊富な果物や生野菜を中心に食べるようにしましょう。

 

2.無添加の酵素ドリンクを使う

1日~3日間ぐらいのファスティング(断食)をする場合は、無添加の酵素ドリンクを使うことをおススメします。

酵素ドリンクをおすすめする理由は4つあります。

1つの理由が「ファスティング(断食)中の空腹感を和らげる」です。

今まで体が食べることに慣れているので、始めてファスティング(断食)をするとひどい空腹感があります。

無添加の酵素ドリンクを飲みながら、ファスティング(断食)をすることで空腹感を和らげてくれます。

 

健康オタクのTAKATOSHI
私も初めてファスティング(断食)をしたときが1番、空腹感がありました。

ですが、無添加の酵素ドリンクを飲むことで空腹感がやわらぎ、3日間や5日間のファスティング(断食)を続けることができました。

胃を小さくするなら、無添加の酵素ドリンクは役に立ちます。

 

2つめの理由は「無添加の酵素ドリンクには必要な栄養素が含まれているので、ファスティング(断食)を安全に行える」です。

無添加の酵素ドリンクは数十種類の野菜、果物、野草などから作られています。

ですから、ビタミンやミネラル、アミノ酸など、人間が健康を保つために必要な栄養素が補給できます。

したがって、酵素ドリンクを飲むことで、安全にファスティング(断食)を行えます。

一方で、水だけで行う水断食は危険が伴うため断食道場など指導者やインストラクターのサポートが必要になります。

3つめの理由が「無添加の酵素ドリンクは、低分子化されているので消化酵素を節約できる」です。

ファスティング(断食)の1番の目的は消化酵素を抑えて、代謝酵素(自然治癒力)を活性化することです。

無添加の酵素ドリンクは発酵・熟成で低分子化されているので、消化酵素を抑えて、栄養を補給できます。

しかも、腸内で善玉菌になる酵母菌も含まれていため、腸内環境を健康な状態に保ちます。

4つめの理由は「酵素ドリンクは水割りでペットボトルに入れて持ち歩きができる」です。

酵素ドリンクをペットボトルに入れて持ち歩くことで、外出中に小腹が空いたときに飲めば、空腹感を満たせます。

酵素ドリンクは飲むと意外にお腹にずっしりくるので、空腹時には飲みごたえがあります。

 

酵素ドリンクをおすすめする理由

  • ファスティング(断食)中の空腹感を和らげる
  • ビタミン・ミネラルなど栄養素が豊富なので、ファスティング(断食)を安全に行える
  • 発酵・熟成で低分子化されているので消化酵素を抑えて、代謝酵素(自然治癒力)を活性化させる
  • ペットボトルに入れて持ち歩けるので、小腹が空いたらすぐに飲める。

酵素ドリンクはこのような特徴があるため、ファスティング(断食)を健康的に行うのにピッタリの飲み物です。

 

健康オタクのTAKATOSHI
ちなみに私が定期的に利用している酵素ドリンクは安全無添加の優光泉(ゆうこうせん)酵素です。

ファスティング(断食)やプチ断食(置き換えダイエット)、栄養補給に利用していま。

 

優光泉(ゆうこうせん)酵素の価格やサービスなどの詳しい情報は下記の記事を参考にしてください。

その他の無添加酵素ドリンクの詳しい情報は下記をチェックしてみてください。

 

3.ファスティング(断食)の時間・期間は徐々に延ばす

ファスティング(断食)の時間・期間は徐々に延ばす

 

胃を小さくするためにファスティング(断食)を成功させるためのコツは、「ファスティング(断食)の時間・期間を徐々に伸ばす」ことです。

例えば、筋肉のない人がいきなり50キロのバーベルを上げるのは体に負担がかかり無理がありますよね。

それと同様にファスティング(断食)もいきなり3日間や5日間などの期間をやるのは心理的にも身体的にも負担になると思います。

ですから、徐々にファスティング(断食)の時間や期間を延ばすことで、心理的・身体的な不安を軽減することができます。

 

健康オタクのTAKATOSHI
私も初めて5日間のファスティング(断食)をやったときは、「食べないと倒れるのでは?」と思い不安感や恐怖感がありました。でも、徐々に期間を延ばしながらファスティング(断食)をしていたらこのような不安もなかったと思います。

 

ファスティング(断食)のポイント

初めて食事制限ダイエットをするときは、1食置き換えや2食置き換えダイエットなどのプチ断食から始めます。

慣れてきたら、1日、3日間、5日間とファスティング(断食)の期間を延ばすことで、胃も徐々に縮まり、空腹感をあまり感じずに行うことができます。

 

ファスティング(断食)のやり方については下記の記事も併せてご覧ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「胃を小さくするなら、ファスティング(断食)がおすすめ」について記事を書きました。

ファスティング(断食)やプチ断食を定期的に行い、胃が小さくなれば少食になります。

少食になれば自然治癒力が高まり、あなたは健康的になり元気がみなぎるでしょう。

古代ギリシャの医学の父ヒポクラテスは次のような言葉を残しています。

腹八分目で医者いらず。腹六分目で老いを忘れる。腹四分目で神に近づく

私には腹四分で神に近づくという言葉は理解できませんが、少食の食生活は健康維持には欠かせないことは実感しています。

あなたも若さと健康寿命を保つためにファスティング(断食)や少食を生活習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

-ファスティング(断食)
-,

© 2020 30代からの断食(ファスティング)入門|元気・健康・若さのために Powered by AFFINGER5