酵素の働きとは?何がいいのかわかりやすく説明します。

更新日:

最近、健康維持やダイエット、美容に良いと酵素が注目されてますよね。

 

しかし酵素がどんな働きをするのか、いまいちわからない人が多いのではないでしょうか?

 

この記事では酵素がどんな働きをするのか、詳しく説明していきます。

 

ちなみに酵素は、英語でいうとエンザイム(enzyme)と言います。

 

酵素には大きく分けて体内酵素の消化酵素と代謝酵素、食べ物から摂れる食物酵素があります。

3つの酵素の働きとは?

体内で働いている酵素は、3000種類以上あると言われていて、そのなかでも大きく分けると消化酵素と代謝酵素があります。

 

また食物から摂取できる食物酵素があります。

 

それでは3つの代表的な消化酵素、代謝酵素、食物酵素がどのように働くのか説明していきます。

消化酵素の働きとは

消化酵素とは食べ物を消化、分解して体の細胞の栄養素にするための酵素です。

 

米などのに含まれるデンプンを分解するアミラーゼ、肉などの動物性たんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂質を分解する酵素リパーゼなどがあります。

 

現代の日本は料理が美味しいレベルの高いお店も増え、また至るところにコンビニやスーパーが立ち並んでいて食べるものには困りませんよね。

 

しかし美味しい食べ物を暴飲暴食したり石油が原料である食品添加物が入った食品は消化に悪く増やすことができない体内酵素の消化酵素を無駄に消耗してしまいます。

代謝酵素の働きとは?

代謝酵素の働きは、消化分解して吸収した栄養素を体の細胞に送り届けたり、体内に入ってくるウイルスを撃退する免疫力の強化、体に溜まった毒素を体外に排出するデトックス効果、細胞を修復する自然治癒力などがあります。

  1. 新陳代謝・・・吸収した栄養素を体の細胞に送りとどけてる
  2. 免疫力の強化・・・体内に入ってきたウイルス・病原菌を攻撃する力が強化される。
  3. 体の毒素(老廃物や食べかす)の排出・・・体に溜まった有害物質などの毒素を排出して腸や血液、肺などをキレイにする。
  4. 自然治癒力・・・炎症している細胞を修復する働きがある

 

このように代謝酵素の働きによって健康が維持されます。

食物酵素の働きとは?

野菜・果物には食物酵素が含まれている。

食物酵素は生の野菜や果物に豊富に含まれています。

 

生の野菜や果物に含まれる食物酵素は消化のサポートをしてくれるため消化酵素の消耗を抑える働きがあります。

 

消化酵素の消耗が抑えられることで代謝酵素が活性化することができます。

 

特に果物は人間に必要な栄養素、ビタミンやミネラルが豊富な上に消化に費やす時間が30分程度で消化酵素を消耗を抑えるので優先的に摂ることをオススメする食品です。

酵素を利用して健康・若々しさ・美を保つ

体内酵素の消化酵素と代謝酵素は密接な関係にあります。

 

なので暴飲暴食したり、消化の悪い食べ物ばかりを食べていると、消化酵素を無駄に消費してしまい、代謝酵素が働かなくなってしまいます。

 

代謝酵素が長期間、働かない状態が続くと身体に毒素が溜まり、身体が疲れやすくなったり身体が重くなったり、生活習慣病などの大きな病気にかかるリスクが高まってしまいます。

 

代謝酵素を活性化させるためには暴飲暴食や消化の悪い食べ物を控えて、食物酵素が豊富な果物や生野菜を食べたり、定期的に断食(ファスティング)をする必要があります。

消化酵素を浪費する食べ物

  • 肉、魚、卵、乳製品などの動物生たんぱく質
  • 精製された白米、パン、パスタ、うどん、白砂糖
  • 食品添加物が含まれてるお菓子、アイス、カップラーメン、ファーストフードなどのジャンクフード

消化酵素を節約する食べ物

果物、生野菜

このように食べ物に気を付けて消化酵素の消耗をできるだけ抑えて代謝酵素を活性化することで、体が健康的になり、若々しさを保ち、美しさに磨きがかかります。

 

-断食(ファスティング)

Copyright© 30代からの断食(ファスティング)入門|元気・健康・若さのために , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.